シザンサス(英語表記)Schizanthus; butterfly flower; poor-man's orchid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シザンサス
Schizanthus; butterfly flower; poor-man's orchid

和名ムレゴチョウ (群胡蝶) 。ナス科一年草で,チリに 10~15種分布する。はよく分枝し,羽状葉が互生する。直径2~4cmの細かな花は,茎の上部をおおうように多数咲く。和名のムレゴチョウや英名のバタフライフラワーが示すように,花の形は小さなチョウのようにもみえる。冬から春にかけて鉢植えとして流通する種間交雑種のシザンサス・ワイズトネンシス S.×wisetonensisは,花色が赤色,桃色,紫紅色,薄紫色,黄色,白色など多彩で,花冠の基部に斑紋 (はんもん) が入る。生育適温は8~12℃。長持ちさせるためにはあまり高温にしない室内で管理する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シザンサス(〈ラテン〉Schizanthus)

ナス科の一年草。高さ30~60センチ。花は紅・桃・白色で、黄色や白色の斑紋(はんもん)が入る。主に鉢植えにして観賞される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シザンサス【butterfly flower】

春4~5月にチョウに似た形の花をつけて美しいナス科の一年草(イラスト)。コチョウソウ(胡蝶草)ともいう。原産地はチリのアンデス山系。草丈30~80cm,茎は直立するが,多数の枝を分けて開花する。葉は羽状に1~2回深く裂け,茎とともに腺毛がある。花序円錐形総状に花をつける。花は径2~3cm,上,中,下に3深裂して,花色は紫,紫紅,ピンク,白,紅などであるが,上唇弁淡色,中裂片には黄色の虎斑(とらふ)模様や紫色の斑点があって美しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シザンサス
しざんさす
[学]Schizanthus pinnatus Ruiz et Pav.

ナス科の半耐冬性一年草。チリ原産で、ムレコチョウともいう。葉は切れ込みがあり、3~5月、径2~3センチメートルの花を多数開く。花色は赤、桃、藤、紫、白色などの複色で、花壇や鉢物に用いられ、近年は大鉢仕立てのものもみられる。8月に播種(はしゅ)し、一度移植したのち小鉢に植え、摘心を一、二度行って地際から多数分枝するよう育てる。冬季はビニルハウス内で栽培するが、日中温度を上げすぎないようにし、10℃前後を目標とする。用土は腐葉土を30%くらい配合した排水のよいものを用いる。鉢植えは5号鉢なら1本植えでよく、花壇に植え出す場合は霜のおそれがなくなってからにする。[鶴島久男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android