コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シシンラン シシンランLysionotus pauciflorus

3件 の用語解説(シシンランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シシンラン
シシンラン
Lysionotus pauciflorus

イワタバコ科の常緑小低木で,東アジアの暖温帯に分布する。日本西南部から南西諸島にかけて照葉樹林中のコケの生えた樹幹に着生する。茎は樹上をはうように伸びて分枝し,短い柄のある葉を輪生状につける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シシンラン【Lysionotus pauciflora Maxim.】

岩上や樹上に着生するイワタバコ科の常緑植物(イラスト)。茎の基部はやや木化して横にはい,それより高さ20~30cmの茎を出す。葉は対生あるいは3枚が輪生し,やや多肉な革質,長楕円状披針形で長さ2.5~5cmほど,縁にはにぶい鋸歯がある。茎の頂部の葉腋(ようえき)から花序を出し,1~2個の花をつける。花は左右相称の合弁花で,基部が筒状に伸びた釣鐘状,花冠裂片は5裂するが全体として2唇形となり,淡紅色から白色,長さ約5cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シシンラン
ししんらん
[学]Lysionotus pauciflorus Maxim.

イワタバコ科の常緑小低木。茎はコケの生えた樹幹に着生してはう。葉は対生または3、4枚が輪生し、倒披針(とうひしん)形で長さ3~6センチメートル、革質で厚く、縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)がある。7月ころ上部の葉のわきに淡紅色花を単生する。花冠は筒状で長さ3~3.5センチメートル、先は浅く5裂する。雄しべは2本は長く、2本は退化して短い。(さくか)は線形で細長く、4~7センチメートルで熟すと裂ける。伊豆、近畿地方以西の本州から九州に分布し、鉢植えにもする。シシンラン属は日本、中国、ヒマラヤに約20種ある。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シシンランの関連情報