コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シスター・キャリー シスター・キャリー Sister Carrie

2件 の用語解説(シスター・キャリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シスター・キャリー
シスター・キャリー
Sister Carrie

アメリカの小説家セオドア・ドライサーの処女作。 1900年刊。田舎娘キャリー・ミーバーは,1890年代のシカゴに出て生活に困り,旅回りセールスマンチャールズドルーエに救われ愛人となるが,やがて妻子ある酒場の支配人ジョージ・ハーストウッドとニューヨークに駆落ちし,彼女は花形女優として成功する一方,男は転落の末に自殺するという物語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シスター・キャリー
しすたーきゃりー
Sister Carrie

アメリカの作家T・ドライサーの長編処女作。1900年刊。都会にあこがれてシカゴにきたキャリー・ミーバーは、セールスマンのドルーエと同棲(どうせい)するうち、一流バーの支配人ハーストウッドを知りニューヨークへかけおちする。そこでキャリーは機会をつかみ、女優として成功するが、ハーストウッドはバーの経営に失敗、キャリーにも捨てられてガス自殺を遂げる。成功者と落後者の対比を軸にアメリカ社会の冷酷な実相をリアルに描き、物質文明の刺激のなかに生きる人間像を浮き彫りにする初期アメリカ自然主義小説の傑作。当時、「不道徳な作品」とみなされて出版が難航し、1000部だけ発行されたが500部も売れなかった。[大浦暁生]
『小津次郎訳『シスター・キャリー』全3巻(1951・三都書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シスター・キャリーの関連キーワードアメリカの声アメリカの悲劇アメリカンセオドライトドスパソスアメリカの没落アメリカの夢アメリカの影大草原の小さな家田中純(1)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone