コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

システム産業 システムさんぎょうsystems industry

2件 の用語解説(システム産業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

システム産業
システムさんぎょう
systems industry

機能集積型産業。従来の産業分類にとらわれず,一定の目的のために多数の産業や企業を機能的に再編成,体系化した複合的な産業概念。海洋開発産業宇宙開発産業防衛産業情報産業住宅産業レジャー産業省力産業教育産業などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

システム産業
しすてむさんぎょう
systems industry

高度化・多様化する社会的要求の充足を図るため、既存の産業の枠を越えた企業・業種間の有機的結合による複合的な産業概念であり、機能集積産業ともいう。エンジニアリング、情報・通信、都市開発海洋開発原子力生化学、航空宇宙、医療、教育およびレジャー産業などがあげられる。こうしたシステム産業の多くは、高度な先進技術が集約され、他産業への波及効果も大きいところから、とくに先端産業とよばれる場合がある。このようにシステム産業は、社会開発や戦略的な先進技術開発などのほか、知識集約産業までを含み、生活や産業活動の基盤となる環境整備、さらには国土の開発・利用といった国家的なプロジェクトとのかかわりも深い。また、多数の企業の集合体であるため、しっかりしたプロジェクトの策定と、全体をシステムとして組織し、管理・運営していくオルガナイザー機能が必要となる。都市開発産業を例にとれば、具体的な開発計画と中核となる公的機関なり企業の下で、都市の情報、交通、物流、建築、廃棄物処理地域冷暖房給排水などのサブシステムを通じて、それぞれ専門技術、ノウハウをもつ企業が有機的に結び付くことになる。[三浦正史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

システム産業の関連情報