コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シデコブシ シデコブシMagnolia stellata

3件 の用語解説(シデコブシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シデコブシ
シデコブシ
Magnolia stellata

モクレン科の落葉低木あるいは小高木で,高さ2~3mになる。よく分枝し,長楕円形の毛の多い葉を互生する。春に小枝の先端に淡紅色を帯びた白色の大きな花をつける。花被は細長く 12~18枚もあってコブシなどに比べて繊細な感じがする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シデコブシ
しでこぶし / 四手拳
[学]Magnolia tomentosa Thunb.

モクレン科の落葉低木ないし小高木。愛らしい花が好まれ、世界中で花木として賞用される。コブシに近縁で、葉の形、質や小さな萼片(がくへん)があることでは同じであるが、全体に小ぶりで庭木向きである。花弁が12~30枚と多いのが特徴的。花の色や樹形に変異が多く、いろいろな型にヒメコブシほかの名前がつけられているが、分類学的には区別できない。中部地方のごく限られた地域に自生するが、宅地開発や花木用の盗掘で減少している。コブシを台木にした接木(つぎき)や、実生(みしょう)から容易に殖やすことができる。名は、細長くジグザグに開く花弁を神事に使う四手(しで)に見立てたからという。[植田邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシデコブシの言及

【コブシ】より

…北海道のものは,花弁基部が濃桜色で目立ち,キタコブシとして区別されることもある。コブシは近縁のシデコブシM.tomentosa Thunb.(イラスト)と共に世界的に庭園花木として用いられるが,日本ではむしろ人里の生活に密着した半栽培樹と言えよう。その他,コブシはモクレン属植物の接木の台木に使われ,また薬用に供される。…

※「シデコブシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シデコブシの関連情報