コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シファカ sifaka

世界大百科事典 第2版の解説

シファカ【sifaka】

インドリに近縁な霊長目インドリ科シファカ属に属する原猿の総称。シファカ属は,カンムリシファカPropithecus diademaとベローシファカP.verreauxi(イラスト)の2種がいるが,そのそれぞれが体色の顕著な変異に基づいて多くの亜種に分けられており,これらを二つの種にまとめることには異論もある。ただ,前者はマダガスカル島東海岸沿いのより湿潤な地域に,後者は西海岸沿いのより乾燥した地域に分布しており,分布域は重複していない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シファカ

ベローシファカ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シファカ
しふぁか
sifaka

哺乳(ほにゅう)綱霊長目インドリ科シファカ属に含まれる動物の総称。この属Propithecusの原猿はマダガスカル島固有で、2種がある。体毛は絹毛で白っぽく、顔と頭頂部は暗色で額が白い。鼻口部は比較的短く、歯は30本で歯式は

である。後肢が長く、体軸を垂直に保って幹にしがみつく。移動時は後肢のばねを使って隣の幹にジャンプする。家族的な群れをつくる。昼行性の樹上生活者であるが、まれに地上を二足で跳ぶ。葉食性で、果実や樹皮もすこし食べる。ベローシファカP. verreauxiは頭胴長約45センチメートル、尾長55センチメートル前後で、西部の乾燥林に分布する。カンムリシファカP. diademaはやや大形で頭胴長50センチメートル以上、尾は逆に短く約45センチメートルで、東部の多雨林にすむ。[上原重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シファカの関連キーワードツィンギ・デ・ベマラハ自然保護区チンギアンカラファンツィカ国立公園マロジェジ国立公園ベレンティー保護区インドリサル

シファカの関連情報