コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シブ Sibu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シブ
Sibu

マレーシア,ボルネオ島北西部,サラワク州西部の町。ラジャン川とイガン川の分流点に位置し,中型船舶が河口から航行できる。ゴム,コショウ,米などの集散地で,ゴム,サゴデンプンの加工などが行われる。人口8万 5231 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シブ(Sibu)

マレーシア、ボルネオ島北西部、サラワク州の都市。南シナ海に注ぐレジャン川下流部に位置し、河港をもつ。大型船が遡行できるため、木材・天然ゴムの集散地となっている。福建省出身の中国系住民が多く居住。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シブ【Sibu】

マレーシア,ボルネオ島北西部,サラワク州第2の都市。人口12万6000(1991)。住民の3/4は華人でその半数が福州人。最近は周辺農村から土着民ダヤク族の流入が目だつ。20世紀初めラジャン川下流の低湿地に発展した交易の中心地で,主産業は製材。木材加工団地がある。内陸部との交通はほとんど船によるが,州都クチンへ達する道路の開通が近い。人口増加,市街地の拡大とともに地盤沈下が深刻な問題になっている。【太田 勇】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシブの言及

【氏族】より

…しかしのちになるとイギリスで,〈クラン〉の語源となったスコットランド人の氏族が,単系出自集団でも外婚集団でもないことに発し,新しく〈セプトsept〉という用語がW.H.R.リバーズによって唱えられるようになる。またアメリカでもR.H.ローウィによって,用語・概念の混乱をさけるべく,母系氏族・父系氏族を総称して〈シブsib〉という用語を用いるよう提案がなされ,さらにローウィの提案をうけて,〈シブ〉や〈リネージ〉は単系出自集団であるが,〈クラン〉は配偶者を含む単系出自にもとづく集団で,かつまた地域的制約のある居住集団に対してあてるべきだ,というG.P.マードックの提案も登場した。しかし今日では,用語としては〈クラン〉が代表的であり,概念としては単系出自集団と規定する学者が少なくない。…

【氏族制度】より

…ただモーガンがその研究の出発点としたイロコイ諸族的な母系氏族が氏族社会本来の原初的形態であったかどうか,また氏族結合の血縁的原理が,つねに純粋で徹底したものでありえたかどうか,さらに,はたして氏族制度が,家族という結合単位に先だって,全人類の社会に遍在的であったかどうかは,以下に述べる各種の事例から推しても,きわめて疑わしい。
【氏族社会の構造と変化】
 まず第1に氏族クランclan,シブsibの構造原理からこの問題を追究してみよう。これまでの氏族に対する最も一般的な定義によれば,氏族とは家族と異なり,一つの共同の祖先をもつという信仰で結ばれた単系(母系もしくは父系)の血縁集団であり,集団内の婚姻の禁止,すなわち外婚制をその特徴とするものとされてきた。…

※「シブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シブの関連キーワードシブがき隊 ボーイズ&ガールズZIG ZAGセブンティーンノンインターレーススキャン挑発∞(MUGENDAI)Zokkon命(LOVE)守備的ミッドフィールダーミリ波ボディースキャナー100%・・・Soかもね攻撃的ミッドフィールダーヘッドフォン・ララバイシブ(北欧神話の女神)Hey!BepレスポンシブデザインインデックスファンドNAI・NAI 16アクティブファンドノンインターレースサムライ・ニッポンインデックス運用ミリ波スキャナー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シブの関連情報