コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイアン シャイアンCheyenne

翻訳|Cheyenne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイアン
Cheyenne

アメリカ合衆国,ワイオミング州の州都。同州最大の都市。州の南東端,ロッキー山系中の最東端のララミー山脈の東側に位置する。大陸横断のユニオンパシフィック鉄道の建設基地であり,同州で最も古い町。 1890年来の州都で,鉄道,空路の要衝であるばかりでなく,製油,畜産 (現在はヒツジが最も多い) ,乾燥地農業などの産業の中心地である。化学,プラスチック工場も立地。また古くからの軍事基地で,現在はミサイル基地があり,風光に恵まれて観光産業も盛んである。開拓時代を思い起すため毎年7月に6日間の祭りが催され,ロデオや開拓時代の衣装を着けたパレードが有名である。人口5万8 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シャイアン(Cheyenne)

米国ワイオミング州の州都。西部の牛放牧の根拠地として発展。毎年7月にフロンティアデーの催しがあり、ロデオが行われる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シャイアン【Cheyenne】

アメリカ合衆国ワイオミング州の州都で最大都市。人口5万(1990)。同州南東部,ロッキー山脈の東側斜面に位置する。鉄道交通および牧畜・牧羊業の中心地で,石油精製電気機械などの工業も立地する。1860年代ユニオン・パシフィック鉄道の到来直前にこの地を不法占拠した人々が,インディアンシャイアン族にちなんで命名した。70年代には,ブラック・ヒルズ金床の開発によって栄え,テキサスからの牛の輸送基地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャイアンの関連情報