コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャシリク

百科事典マイペディアの解説

シャシリク

肉の串焼き料理。羊肉あるいは牛肉を角切りにし,塩,コショウ,サラダ油などに浸しておいてから金串に刺し直火で焼く。タマネギ,ピーマンなどをともに刺すこともある。ロシア料理として知られるが,もとはタタール人の野外料理で,羊肉を長剣に刺して焼いたという。
→関連項目インド料理羊肉

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャシリク【shashlyk[ロシア]】

羊の肉片を串にさし,輪切りのタマネギとともに火であぶった料理。本来は中央アジアやカフカスが本場であるが,ロシア料理にもとり入れられている。羊肉の代りに牛肉や豚肉,あるいは各種の鳥肉や魚が用いられることもあるし,タマネギのほかにトマトやナスを添える場合もある。肉はニンニク,マスタード,ブドウ酒などを材料とするたれにあらかじめ漬けこんでおくが,そのたれの調合は調理者の秘伝とされる。【中村 喜和】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャシリクの言及

【ロシア料理】より

…(2)スープ キャベツを具とするシチューで,トマトとビーツで赤い色をつけたボルシチ,細かく刻んだ肉と野菜をたっぷり含んだサリャンカ,魚を煮出したウハーなどの熱いスープのほかに,夏向きとしてクワスをベースとする冷たいスープのオクロシカなどがある。(3)獣肉,鳥あるいは魚の料理 牛肉をサワークリーム・ソースで煮たベフ(ビーフ)・ストロガノフのようにロシアで考案されたもの,シャシリクのように中央アジアから入ったものなど多様性に富む。キノコもしばしば用いられる。…

※「シャシリク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャシリクの関連キーワードシシカバブ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android