コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャプラン シャプラン Chapelain, Jean

2件 の用語解説(シャプランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャプラン
シャプラン
Chapelain, Jean

[生]1595.12.4. パリ
[没]1674.2.22. パリ
フランスの詩人,批評家。アカデミー・フランセーズの設立メンバーの一人で,『ル・シッド』論争に際してル・シッドに関するアカデミーの意見書』 Les Sentiments de l'Académie sur "Le Cid" (1638) を起草した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャプラン
しゃぷらん
Jean Chapelain
(1595―1674)

フランスの詩人、評論家。パリ生まれ。フランス古典主義理論の確立に主要な役割を演じた。アカデミー・フランセーズ創始時の会員で、コルネイユの「ル・シッド論争」の際、アカデミーの意見公刊の主著者となった。長年にわたり文壇に君臨したが、その理論を応用した叙事詩『聖処女』Pucelle(1656)の刊行は、識者、ことに若い世代、ボアローらの攻撃によって嘲笑(ちょうしょう)の的となり、あわせてその勢威が急速に衰えた。[福井芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャプランの関連キーワードエヌパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャプランの関連情報