コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルドネ Chardonnet, (Louis-Marie-) Hilaire Bernigaud, Comte de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルドネ
Chardonnet, (Louis-Marie-) Hilaire Bernigaud, Comte de

[生]1839.5.1. ブザンソン
[没]1924.3.12. パリ
フランスの化学者。パスツールのもとで学んだ。 1878年から人造繊維の研究に着手し,84年ニトロセルロースを用い,可燃性をおさえた繊維 (硝酸人絹) を製造することに成功,その特許を取った。この繊維は 89年のパリ博覧会で評判となり「光るもの」という意味でレーヨンと呼ばれた。その後,工業化されたが,やがてビスコースレーヨンアセテートなどの後続のレーヨンに駆逐された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シャルドネ(〈フランス〉chardonnay/〈フランス〉chardonay)

ワイン用のブドウの品種名。名前の由来はフランス、ブルゴーニュのマコネ地方の村名(Chardonay)からで、各地で上質白ワイン用に栽培されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

シャルドネ

白ワイン用ブドウ品種。ブルゴーニュ地方では最高級の白ワイン、ル・モンラッシェを生み出す。カリフォルニアオーストラリアイタリアなど世界中で栽培。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

シャルドネ【chardonnay(フランス)】


フランス原産の白ワイン用のぶどうの品種。ソービニヨンブランリースリングとならび、三大白ワイン用品種とされる。フランス中東部のブルゴーニュ産の高級白ワイン、シャブリやモンラッシェなどもこれを用いる。ヨーロッパ各地のほかアメリカ、南米、オーストラリア、ニュージーランド、日本など世界各地で栽培されている。◇ブルゴーニュ地方マコネ地区の村名「Chardonnay」に由来。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

シャルドネの関連キーワードシャンパーニュ(シャンパン)ロバートふんわり香る芳潤滴湯アルゼンチンワインブルゴーニュワインアメリカワインeソーミュールシャンパンパスツールアリゴテ人造繊維5月1日可燃性

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャルドネの関連情報