コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャルドネ シャルドネ Chardonnet, (Louis-Marie-) Hilaire Bernigaud, Comte de

4件 の用語解説(シャルドネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャルドネ
シャルドネ
Chardonnet, (Louis-Marie-) Hilaire Bernigaud, Comte de

[生]1839.5.1. ブザンソン
[没]1924.3.12. パリ
フランスの化学者。パスツールのもとで学んだ。 1878年から人造繊維の研究に着手し,84年ニトロセルロースを用い,可燃性をおさえた繊維 (硝酸人絹) を製造することに成功,その特許を取った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャルドネ(〈フランス〉chardonnay/〈フランス〉chardonay)

白ワイン用のブドウの品種名。名前の由来はフランス、ブルゴーニュマコネ地方の村名(Chardonay)からで、各地で上質白ワイン用に栽培されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

シャルドネ

白ワイン用ブドウ品種。ブルゴーニュ地方では最高級の白ワイン、ル・モンラッシェ生み出すカリフォルニアオーストラリアイタリアなど世界中で栽培。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

シャルドネ【chardonnay(フランス)】


フランス原産の白ワイン用のぶどうの品種。ソービニヨンブラン、リースリングとならび、三大白ワイン用品種とされる。フランス中東部のブルゴーニュ産の高級白ワイン、シャブリやモンラッシェなどもこれを用いる。ヨーロッパ各地のほかアメリカ、南米、オーストラリア、ニュージーランド、日本など世界各地で栽培されている。◇ブルゴーニュ地方マコネ地区の村名「Chardonnay」に由来。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャルドネの関連キーワードメルロリースリングカベルネグルナッシュゲブルツトラミネールシュナンブランソービニヨンブランピノブランマルベックミュスカデ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャルドネの関連情報