シャン・ド・マルスの虐殺(読み)しゃんどまるすのぎゃくさつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャン・ド・マルスの虐殺
しゃんどまるすのぎゃくさつ
Massacre de Champ-de-Marsフランス語

フランス革命期の人民弾圧事件。1791年6月の国王ルイ16世のバレンヌ逃亡事件ののち、憲法制定議会を支配するフイヤン派は、立憲王制を守るため、憲法の規定を若干後退させて国王に承認させ、国王を無罪放免しようとした。これに対し共和主義者は国王の廃位を求める大衆請願運動を組織、7月17日パリ西部のシャン・ド・マルス(もと陸軍士官学校の練兵場。革命期には公私の大集会用の広場)で大衆の署名を求めることにした。これに対し司令官ラ・ファイエットの指揮する国民衛兵隊が無警告で発砲し、死者50人を出し、この弾圧で民衆運動は一時後退し、9月立憲王制を規定する「1791年の憲法」が成立する。[樋口謹一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android