コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュエダゴン・パゴダ シュエダゴン・パゴダShwedagon Pagoda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュエダゴン・パゴダ
Shwedagon Pagoda

シェダゴン・パヤともいう。ミャンマー (ビルマ) ,ヤンゴン市にある仏塔。 1057年アノーラター王の創建時には 9mほどの仏塔が建設されただけだったが,その後増築が重ねられ,1768年の増築によって現在の形となった。高さ 113m,下端直経 134m,先細りの円錐形をした大規模なもので,金色に輝く優美な姿は,ビルマ仏教徒の信仰の中心となっている。煉瓦造建築の表面装飾には金 25t,銀 100tを要したといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュエダゴン・パゴダ
しゅえだごんぱごだ
Shwe Dagon Pagoda

ミャンマー(ビルマ)第一の都市、ヤンゴン(ラングーン)にある同国最大の仏塔。丘の上に金色に輝く高さ99メートルの仏塔がそびえる。釈迦(しゃか)の毛髪8本が納められていると伝えられ、歴代のビルマ王が献じたルビー、サファイア、ダイヤモンドなどの宝石数千個が塔の最上部にはめ込まれている。四方から階段状の廊下のようになって通じている参道の両側には、お供えの花や線香、仏塔に張り付ける金箔(きんぱく)などを売る店が並び、参詣(さんけい)の人々でいつもにぎわっている。[紅山雪夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュエダゴン・パゴダの関連情報