コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュターデ シュターデStade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュターデ
Stade

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州北部の小都市。ハンブルクの西方約 40km,エルベ川左岸の支流シュウィンゲ川沿いにあり,中世には港町として栄え,ハンザ同盟都市であった。旧市街にはスウェーデン領時代 (1648~1712) の建造物も残存。造船,石油精製,食品加工,化学などの工業が立地。人口4万 2487 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シュターデ(Stade)

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の工業都市。エルベ川の支流シュウィンゲ川沿いに位置し、中世には河港都市として栄えた。13世紀にハンザ同盟に加盟。三十年戦争の後、17世紀後半から18世紀初めまでスウェーデンの支配下に置かれた。市庁舎や木組み造りの民家をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュターデ
しゅたーで
Frederica von Stade
(1945― )

アメリカのメゾ・ソプラノ歌手。ニュー・ジャージー州ソマービル生まれ。父はドイツ系、母はアイルランド系。ニューヨークで学び、メトロポリタン歌劇場のオーディションに合格し端役に出演したのち、1973年同歌劇場でロッシーニの『セビーリャの理髪師』のロジーヌを歌い成功を収める。技巧の確かさ、端正な表現と気品、美声で、短期間に世界の主要歌劇場、音楽祭で活躍するようになり、ロッシーニ、ベッリーニなどの19世紀イタリア・オペラのほか、モンテベルディやフランスのオペラなど幅広く歌っている。デビュー25周年にあたる1995年、メトロポリタン歌劇場は彼女を主役に据えてドビュッシーのオペラ『ペレアスとメリザンド』を上演した。フランス歌曲、ミュージカル作品にも取り組み、多数の録音を残している。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュターデの関連キーワードダイムラー(Gottlieb Daimler)カーティヤーヤナアンゲラ デノケプレンツドルフリューベックパーニニ文法パーニニゲーベン文法学派ウィーン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android