コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュネシオス[キュレネの] Synesios

1件 の用語解説(シュネシオス[キュレネの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュネシオス[キュレネの]【Synesios】

370ころ‐413
北アフリカ,キュレナイカ地方(現在のリビア東部)の都市プトレマイスの司教。ペンタポリス地方(リビア・スペリオル州)の中心キュレネの名家に生まれ,アレクサンドリアで女性哲学者ヒュパティアらに師事して修辞学と新プラトン主義哲学を学んだのち,所領に戻り読書と狩猟の日々を過ごす。399年リビアに対する減税陳情のためコンスタンティノープルに派遣され,反ゲルマン派有力者の仲介を得て,アルカディウス帝の前で君主政論の演説を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュネシオス[キュレネの]の関連キーワードアフリカーンス語アフリカ菫アフリカ舞舞アフロキュレネ学派ブラックアフリカホワイトアフリカ南アフリカ汎アフリカ主義北阿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone