シュレスウィヒ(読み)しゅれすうぃひ(英語表記)Schleswig

精選版 日本国語大辞典 「シュレスウィヒ」の意味・読み・例文・類語

シュレスウィヒ

  1. ( Schleswig ) ドイツ北部、ユトランド半島にある港湾都市バルト海から運河状の水路が通じている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「シュレスウィヒ」の意味・わかりやすい解説

シュレスウィヒ
しゅれすうぃひ
Schleswig

ドイツ北部からデンマークにかけての歴史的地域で、中世公国大部分は、現在のドイツ、シュレスウィヒ・ホルシュタイン州の北半分の地域。デンマーク語名スリースウィSlesvig。9世紀初め、デンマーク王がフランク王国と対抗するため、この地に城塞(じょうさい)を築いた。974~1027年神聖ローマ皇帝に服属したが、その後シュレスウィヒ公国となってデンマーク王家の支流に属し、14世紀末ホルシュタイン伯に封土として与えられた。以来、シュレスウィヒとホルシュタインは政治的に不可分とされ、今日に至っている。

[木谷 勤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「シュレスウィヒ」の意味・わかりやすい解説

シュレスウィヒ

ドイツ最北のシュレスウィヒ・ホルシュタイン州の北半,アイダー川からデンマーク国境に至る地域。ユトランド半島南部にあたる。デンマーク語でスレースビSlesvig。酪農漁業が行われ,工業は造船,食品加工など。1386年ホルシュタインと合体,1460年デンマークと同君連合。19世紀にその帰属をめぐってシュレスウィヒ・ホルシュタイン問題が起こった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のシュレスウィヒの言及

【シュレスウィヒ・ホルシュタイン】より

…同国最北端の州で,ユトランド半島の南半を占め,北はデンマークに接し,東はバルト海,西は北海に面している。アイダーEider川をはさんで北がシュレスウィヒ(デンマーク語でスリースウィーSlesvig),南がホルシュタイン。バルト海のフェーマルン島,北海の北フリージア諸島およびヘルゴラント島を含み,面積は1万5659km2,人口271万(1995)。…

【スリースウィー問題】より

…〈シュレスウィヒ・ホルシュタイン問題〉のデンマーク史の観点にたつ呼称。19世紀のナショナリズムの高揚のもとで対峙するデンマーク・ドイツ間の,デンマークの公爵領スリースウィーSlesvig(ドイツ語でシュレスウィヒSchleswig)の帰属をめぐる係争で,ドイツのシュレスウィヒ・ホルシュタイン主義Slesvigholsteinismeとデンマーク自由主義者のアイダー主義Ejderpolitikの双方の要求がまっこうから対立した。…

※「シュレスウィヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」