コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウリョウバッタモドキ Gonista bicolor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウリョウバッタモドキ
Gonista bicolor

直翅目バッタ科。体長は雄 25mm,雌 45mm。ショウリョウバッタに似るが,体は細く,後肢はかなり短い。体は緑色で背部は淡紅色のものが多い。以前はキチキチバッタともいっていたが,ショウリョウバッタのように飛ぶとき音を出すこともないので,この名は不適当であるとされ,いまでは使用していない。本州以南の日本,中国,東南アジアに広く分布する。 (→直翅類 , バッタ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ショウリョウバッタモドキ

直翅(ちょくし)目バッタ科の昆虫の一種。体長50mm内外,黄緑色両側暗色縦線がある。本州以南の暖地〜中国大陸,台湾,インドシナなどに分布。夏〜秋にイネ科の雑草にすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウリョウバッタモドキ
しょうりょうばったもどき / 擬精霊蝗
[学]Gonista bicolor

昆虫綱直翅(ちょくし)目バッタ科に属する昆虫。小形から中形で、草の茎のように細い体つきのバッタ。明らかに草の茎に擬態した体形をしている。体長は雄25ミリメートル内外、雌45ミリメートル内外。緑色で、背面部は淡紫紅色となる。体は軟らかく、頭部は円錐(えんすい)状、触角は剣状となる。後脚は相対的に短い。夏秋の候に草間にみられ、人が近づくと巧みに茎の反対側に体を移動して人目を避ける。本州以南、東南アジアに広く分布する。旧名キチキチバッタは、鳴くことがなく不適当なので用いないようにし、かわりに表記の和名が提案され、現在に至っている。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のショウリョウバッタモドキの言及

【ショウリョウバッタ】より

…後肢の脛節を左右いっしょにしてもつと,関節をばねのようにして体を動かすが,その姿から地方によってハタオリ(機織)と呼ぶところもある。 本種の雄に類似したバッタに,同じころに出現し,本州以南にすむショウリョウバッタモドキがある。これはほとんど飛ぶことがなく,飛んでも音を出さない。…

※「ショウリョウバッタモドキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ショウリョウバッタモドキの関連キーワードきちきち飛蝗きちきち蝗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ショウリョウバッタモドキの関連情報