コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラ島 シラとうNísos Thíra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シラ島
シラとう
Nísos Thíra

古代ギリシア語読みではテラ Thēra。ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島南端の島。西に湾をいだく三日月形の島で,地質的には噴火した火山の東半分だけが残ったものと考えられ,西半をなすように西にシラシア島,アスプロニシ島があり,湾内には活火山島がある。これらを総称してサンドリニ Sandoríniというが,シラ島がこの名で呼ばれることもある。おもに溶岩と軽石から成り,湾側の斜面は高さ約 300mの急崖をなすが,東側斜面はゆるやかで,ブドウが栽培される。急崖上に中心集落シラ (旧称フィラ Firá) がある。前 2000年以前より人が住み,前9世紀にはスパルタのドーリス人が植民。前 630年頃アフリカ北岸に植民市キュレネを建設。前 308~145年プトレマイオス朝領。 1207~1537年ベネチア領。その後 1821年までオスマン帝国領。 19世紀なかば以降発掘が行われ,多数の遺跡が出土しているが,特に 1966年に始った発掘ではクレタ文明に属するおびただしい数の陶器やフレスコ画の断片が出土し,青銅器時代にクレタ島との間に密接な関連があったことが明らかになり,また前 1500年頃この島が噴火して起った津波がクレタ島を襲い,クレタ文明の突然の消滅をもたらしたとする学説にもある程度の根拠を与えた。現在,軽石を輸出し,赤ワインを特産するほか,観光業が盛んである。面積 76km2。人口 7083 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シラ島の関連キーワードキティラ島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android