コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリア砂漠 シリアさばく Syrian Desert

3件 の用語解説(シリア砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリア砂漠
シリアさばく
Syrian Desert

アラビア語では,東方砂漠を意味するバーディヤト・アッシャーム。アラビア半島サウジアラビアの北部から,ヨルダン東部,シリア南部,イラク西部に広がる砂漠地帯で,標高 500mまでの高原をなし,南部は一般にハンマーダと呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シリアさばく【シリア砂漠 Bādiya al‐Shām】

アラビア砂漠の北部にある三角形の台地。シリア,イラク,ヨルダン,サウジアラビアにまたがるが,明確な境界はない。三角形の頂点はアレッポ近くまでのびバーディヤ・アッラサーファBādiya al‐Raṣāfaと呼ばれ,底辺の西部はハマードal‐Ḥamād,東部はバーディヤ・アッシャームBādiya al‐Shāmと呼ばれている。オアシス,湧水,井戸などがあり歴史的に東西交通路として利用された。灌木やわずかながら草が生え,遊牧民や半遊牧民の放牧地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリア砂漠
しりあさばく
Syrian Desert

西南アジアのアラビア台地北部に横たわる砂漠。アラビア語ではバディエト・エ・シャムBadiet esh Shamという。シリア、ヨルダン、イラク、サウジアラビアの4か国にまたがり、面積26万平方キロメートル。ルワラ人など、アラブ系遊牧民が生活するほか、イラク、サウジアラビアの油田から地中海岸に向けてのパイプラインや、バグダードダマスカス間の自動車道路が通過している。パルミラなどの遺跡もある。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリア砂漠の関連キーワードアラビア湾垂心ナフード砂漠ヌビア砂漠ネフド砂漠リビア砂漠ルブアルハーリー砂漠外心亜剌比亜アラビア糊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シリア砂漠の関連情報