コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロヤマブキ

百科事典マイペディアの解説

シロヤマブキ

中国地方にまれに自生し,また中国,朝鮮半島にも分布するバラ科の落葉低木。全体にヤマブキに似ている。葉は対生し,卵形で,基部には短い柄がある。花は白色4弁で径3〜4cm,花の下に副萼(がく)がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロヤマブキ【jetbead】

大きな花が美しいので,よく庭に植えられるバラ科の落葉低木。茎は高さ1~2mになり,叢生(そうせい)する。葉は対生して卵形,長さ4~6cm,裏面に毛が生え,縁に鋸歯がある。花は4~5月ころ,枝先に1個ずつ咲く。花冠は平開して,径3~4cm,花弁は4枚で白色,円形。果実は,ほぼ楕円形で7~8mm,黒く熟する。日本では中国地方の石灰岩地帯に自生地が知られているだけのまれな植物であるが,中国大陸と朝鮮に分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロヤマブキ
しろやまぶき / 白山吹
[学]Rhodotypos scandens (Thunb.) Makino

バラ科の落葉低木。高さ1~2メートル。枝はよく分枝する。葉は対生し、単葉で卵形、先はとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。4~5月、新枝の先に、白色で径3~4センチメートルの4弁花を1個開く。萼片(がくへん)は4枚で、縁に小さい鋸歯がある。副萼片も同数、線形で非常に小さい。雄しべは多数、雌しべは4本、果実は痩果(そうか)状核果で黒く熟し、光沢がある。中国地方にまれに生育するほか、朝鮮半島および中国に分布する。よく庭園に植えられる。シロヤマブキ属は、世界に本種のみの小さな属で、バラ科で対生葉をもつ唯一の属である。中国では果実および根を薬用とする。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロヤマブキの関連キーワードヤマブキ(山吹)

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android