コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シワハイルカ シワハイルカ Steno bredanensis; rough-toothed dolphin

2件 の用語解説(シワハイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シワハイルカ
シワハイルカ
Steno bredanensis; rough-toothed dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シワハイルカ属。体長は約 2.8m,体重は約 150kgに達する。体色は茶褐色または黒色である。腹部下面の白斑は境界が不明瞭で位置や形には個体差がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シワハイルカ
しわはいるか / 皺歯海豚
rough-toothed dolphin
[学]Steno bredanensis

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科に属するハクジラ。最大体長が約2.8メートルの小形種。体形は普通のイルカ形であるが、吻(ふん)が細長く、吻と前頭部の高まりとの間に段刻がない。比較的大きな歯が各列二十数本生えているが、その歯冠部に縮緬(ちりめん)じわ状の細かい縦じわがあり、この名がつけられた。本州以南を含む世界の温暖海域にみられ、ときに数百頭の大群をなすことがある。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シワハイルカの関連キーワードハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨巨頭鯨歯鯨鬚鯨河海豚イルカ(海豚)クジラ(鯨)ゴンドウクジラ(巨頭鯨)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone