コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンクロナイズド・スイミング しんくろないずどすいみんぐ synchronized swimming

翻訳|synchronized swimming

2件 の用語解説(シンクロナイズド・スイミングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

シンクロナイズド・スイミング

1920年代の欧州とカナダでアーティスティック・スイミングまたはウオーターバレエと呼ばれていたものが、米国で発展して競技化され、34年にシンクロナイズド・スイミングと名付けられた。84年のロサンゼルス五輪から正式種目となった。競技にはフィギュアとルーティーンがある。フィギュアは音楽を使わずに規定の技術のみを競うもので、五輪では行われていない。ルーティーンは音楽に合わせて演技を行うもので、決められた規定要素を含めるテクニカル・ルーティーン(TR)と自由に演技するフリー・ルーティーン(FR)がある。フリー・ルーティーンの採点は、テクニカル・メリット(技術点)とアーティスティック・インプレッション(芸術点)の両方が表示され、その合計点で順位を決める。

(吉田章 筑波大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンクロナイズド・スイミング
しんくろないずどすいみんぐ
synchronized swimmingsynchronised swimming

水泳競技の1種目。水深3メートル以上のプールで、伴奏音楽にあわせてあらゆる泳法を基本とし、種々のフィギュアを組み合わせ演技するスポーツである。[斎藤中子]

歴史

1920年代にヨーロッパで生まれたアーティスティック・スイミングartistic swimmingとよばれる群泳が基礎になって、その後アメリカで競技化された。1946年シンクロ全米選手権が開催されている。日本には1954年(昭和29)在日米軍の慰問のため来日したアメリカチームによって初めて紹介された。1957年に第1回日本選手権が行われ、水泳競技の正式種目の一つになった。また1973年から世界選手権の種目となり、1984年のオリンピック・ロサンゼルス大会からソロとデュエットの正式参加が認められ、日本は両種目とも銅メダルを獲得した。続く1988年ソウル大会、1992年(平成4)バルセロナ大会も、両種目で連続して銅メダルを獲得。1996年のオリンピック・アトランタ大会ではチーム競技のみとなったが、やはり銅メダルを獲得した。2000年のシドニー大会からはデュエットとチームの2種目を実施。シドニー大会と2004年(平成16)アテネ大会では、オリンピックでの最高順位となる銀メダルを、両種目で獲得した。2008年北京大会では、デュエットは銅メダル、チームは5位を獲得した。また、2001年の世界選手権(福岡)では、デュエットで立花美哉(みや)・武田美保(みほ)組が、オリンピック、世界選手権を通じて日本初の金メダルを獲得した。[斎藤中子・本間三和子]

競技方法

競技種目は、ソロ(1名)、デュエット(2名)、チーム(4~8名)およびフリーコンビネーション(4~10名)の四つがある。国際水泳連盟の競技規則では女子のみの参加と規定されている。フリーコンビネーションはソロ、デュエット、トリオ、グループを自由に組み合わせて演技し、3名未満のパートを最低2回、4~10名のパートを最低2回含んで泳ぐ種目である。競技プログラムには、フィギュア、テクニカルルーティン(以下テクニカル)、フリールーティン(以下フリー)がある。ソロ、デュエット、チームの各種目では、フリーを含む二つ以上のプログラムを実施する。フリーコンビネーションはフリーのみで競う。現在オリンピックと世界選手権ではテクニカルとフリー、世界ジュニア選手権ではフィギュアとフリーの二つのプログラムを実施している。[斎藤中子・本間三和子]

ルールと採点

フィギュアは、4群に分けられた約200種のフィギュアのなかから、あらかじめリストアップされた規定2種、選択2種の合計4種を競う。各フィギュアには、難しさの度合いに応じて難易率が定められており、たとえばフィギュア番号101のバレーレッグシングル(水上に片脚をあげる種)の難易率は1.6である(2012年の時点で、難易率の最高は3.7)。採点は6名または7名の審判員(ジャッジ)によりデザイン(形)とコントロール(動き)の採点基準に基づき、0.1点刻みの10点満点で採点し、最高と最低を除き平均点に難易率を掛けて得点とする。
 テクニカルは、規定要素required elementsがあらかじめ組み込まれたもので、音楽は自由。フリーはすべて自由な振付けと選曲が許されている。
 時間制限はそれぞれ陸上動作10秒以内、テクニカルは、ソロ2分00秒、デュエット2分20秒、チーム2分50秒、フリーはソロ3分00秒、デュエット3分30秒、チーム4分00秒、フリーコンビネーション4分30秒。
 採点はテクニカル、フリーともに、有資格ジャッジがそろう場合には6名または7名のジャッジパネル(審判団)を複数編成する。ジャッジは採点基準に基づき0.1点刻みの10点満点で採点する。テクニカルの審判団はエクスキューション(完遂度)とオーバーオールインプレッション(同時性、難易度、演技構成および音楽の使い方、プレゼンテーション)の2パネルに分かれ、採点する。各パネルの最高点と最低点を除き、平均点を算出し、5を乗じた点数がそのパネルの得点になる。そして、二つのパネルの得点を足したものがテクニカルルーティン得点(最高100点)になる。フリーの審判団はテクニカルメリット(完遂度、同時性、難易度)とアーティスティックインプレッション(演技構成、音楽の解釈、プレゼンテーション)の2パネルを構成する。得点算出法はテクニカルと同様である。
 競技結果はそれぞれの競技の得点合計によって決定されるが、競技がフィギュア、テクニカル、フリーのいずれかの1セッション(プログラム)の場合、最高100点とし、そのセッションの結果となる。フィギュアとフリー、またはテクニカルとフリーの2セッション実施した場合、最高200点とし、それぞれのセッションを合計し結果とする。フィギュアとテクニカルとフリーの3セッションを実施した場合、最高300点とし、それぞれのセッションを合計し結果とする。[斎藤中子・本間三和子]

水着・用具

フィギュア競技は、黒い水着と白の帽子とし、ルーティンの水着は透けていないこと、そしてその時点でスポーツとして妥当なもの。余分な付け布やアクセサリー、ジュエリー等は認められていない。全権限はレフェリーにある。着替えを命ぜられることもある。また、水中で息を長くこらえた状態で回転したり方向変換をするため、ノーズクリップとよばれる鼻栓を任意で使用する。[斎藤中子・本間三和子]

特色

シンクロナイズド・スイミングは、体操競技女子のゆか運動、フィギュアスケート、新体操などのように、伴奏音楽の曲想をとらえて優美、かつリズミカルで、力強く安定した動作、すなわち技の美しさを競うスポーツである。1曲を泳ぎ通す持久力と、他人とも同調させるというチームプレーの協調精神も含め、リズムにあわせて楽しく泳ぐということは集団指導のうえでも大いに役だつし、泳ぎのバランスを補正できるという利点がある。前に進むだけが水泳ではないというおもしろさを教えてくれるのもシンクロナイズド・スイミングの特色の一つといえる。[斎藤中子]
『財団法人日本水泳連盟編『水泳コーチ教本 第2版』(2006・大修館書店) ▽日本オリンピック・アカデミー編『ポケット版オリンピック事典』(2008・楽) ▽財団法人日本水泳連盟編『水泳指導教本 改訂版』(2011・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンクロナイズド・スイミングの関連キーワードアーティスティックディスクオペレーティングシステムアーチストブックアーティストDOTネイルアーティストヘアアーティストヘアメーキャップアーティストヘアメークアーティストメーキャップアーティスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シンクロナイズド・スイミングの関連情報