コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンチグラム scintigram

翻訳|scintigram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンチグラム
scintigram

検査の目的とする臓器,組織に適切な放射性同位元素 (RI) あるいはその標識化合物をトレーサーとして体内に投与し,その放射能を体外から測定して分布状態をフィルムあるいは紙上に記録した画像をいう。この検査法をシンチグラフィーまたはシンチスキャンと呼ぶ。シンチグラムを記録するための装置は,シンチスキャナ (レクティリニア・スキャナともいう) やシンチカメラが用いられる。シンチグラムでは,放射性同位元素が濃縮した部位は濃く写る (陽性像) 。同位元素を取込んだ臓器内にそれを取込まない部位があると,白く抜けて写る (陰性像) 。なお,癌に親和性がある 67Ga (クエン酸ガリウム) などを用いると,陽性像を示すことが多い。したがって,シンチグラムの所見から,各種臓器の位置,大きさ,形,内部構造,癌の有無などを知ることができる。シンチスキャナよりもシンチカメラのほうが短時間で検査でき,経時的な像の変化も観察できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シンチグラム(scintigram)

シンチグラフィー」に同じ。また、それによって得られた画像をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シンチグラム【scintigram】

核医学検査におけるRI画像をいい(RIは放射性同位体ラジオアイソトープの略称),放射性医薬品を患者に投与後,体内から出る放射線(おもにγ線)の体内分布状態や変化量を測定し,画像として表現したもの。このシンチグラムによって,各種臓器,または腫瘍の位置,大きさ,形などがわかり,RI集積の時間的推移からは身体の機能を知ることができる。従来シンチスキャンscintiscanとも呼ばれていた。これは,測定装置としてシンチスキャナーを用いていたことによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンチグラム
しんちぐらむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シンチグラムの関連キーワード大動脈炎症候群(高安動脈炎/脈なし病)ガリウムシンチグラフィーリンパ節シンチグラフィー慢性血栓塞栓性肺高血圧症腎動態シンチグラフィー脳血流シンチグラフィー肺換気シンチグラフィー甲状腺シンチグラフィー肺血流シンチグラフィー心筋シンチグラフィー骨シンチグラフィー肺シンチグラフィー腎シンチグラフィー冠状動脈硬化症腎性骨異栄養症心筋梗塞(症)肺血栓塞栓症先天性水腎症腎機能検査後腹膜腫瘍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android