コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標識化合物 ヒョウシキカゴウブツ

4件 の用語解説(標識化合物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうしき‐かごうぶつ〔ヘウシキクワガフブツ〕【標識化合物】

化合物中の特定の原子を、その同位体置換して目印としたもの。同位体は放射性のものを用いることが多い。化学反応や生体の代謝機構の研究に利用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしきかごうぶつ【標識化合物 labelled compound】

放射線の検出がきわめて感度高くまた正確に行うことができることを利用して,放射性同位体トレーサーとして使うことがしばしば行われる。化学や生化学の分野で使われるトレーサーは,ある化合物中の決まった位置の原子がその放射性同位体で一部または全部置き換わっていることが必要であり,これを放射性同位体標識化合物という。重水素など安定同位体で置き換わった安定同位体標識化合物もあり,両者を合わせて標識化合物という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうしきかごうぶつ【標識化合物】

化合物中の特定の位置にある原子を放射性同位体または安定同位体で置き換えて普通の化合物と区別がつくようにしたもの。物質の化学的挙動や反応の機構などの研究に利用される。ラベル付き化合物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

標識化合物
ひょうしきかごうぶつ
label(l)ed compound

化学構造や化学反応機構、代謝機構などの研究のため、化合物中の特定の原子における同位体組成を天然のものとは変えて合成される化合物。ラベル(つき)化合物ともいう。置換あるいは濃縮された同位体はトレーサーとよばれ、安定同位体のこともあり、放射性同位体のこともある。前者の場合には各種分光法、後者の場合は放射能測定によってトレーサーの挙動が観測される。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone