コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーイング シーイングseeing

翻訳|seeing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーイング
seeing

天体観測の際の大気動揺,その他の原因による観測条件の良否をいい,望遠鏡に写る星のちらつきとして現れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シーイング(seeing)

天体を観測する際の星の見え方。上空の大気の乱流によって起こる星像の乱れと、空の透明度のよしあしが関係する。5または10段階にし、最良の状態を5または10とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シーイング【seeing】

望遠鏡で星などの天体の像を見たときに,地球大気の乱れや,望遠鏡内部の空気の乱れによって,その像がぼやけたり不規則に変動することをいう。シーイングがよいとは,星の場合については像の大きさが小さく,また像のゆれ動きが少ない状態を指す。明るさの変動や,位置の変動をシンチレーションと呼んで区別する場合もある。天体の1点から発した光はほとんど平面波となって地上に達するが,空気の屈折率が時間的にも空間的にも一定でないと,空気が変動するレンズの役割を果たすために光の波面が複雑な曲面になって像の乱れが起こるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シーイング【seeing】

望遠鏡で見た時の、地球大気のゆらぎの影響を受けた星の像の見え具合。五段階または一〇段階に分けて等級をつけ、点像で静止しているときを最良(五または一〇)とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のシーイングの言及

【シンチレーション】より

…惑星がまたたかないのは,地上から見たときに惑星の面の中にいくつもの大気の粗密の要素が重なって入っているために,ならされてしまうからである。シーイングseeingともいうが,シンチレーションは明るさの変動を意味することが多い。電波天文学では,電離層や惑星間空間での電子密度の粗密による回折のため起こる電波星の〈またたき〉をシンチレーションという。…

【シンチレーション】より

…惑星がまたたかないのは,地上から見たときに惑星の面の中にいくつもの大気の粗密の要素が重なって入っているために,ならされてしまうからである。シーイングseeingともいうが,シンチレーションは明るさの変動を意味することが多い。電波天文学では,電離層や惑星間空間での電子密度の粗密による回折のため起こる電波星の〈またたき〉をシンチレーションという。…

※「シーイング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーイングの関連キーワード太陽観測装置天体望遠鏡太陽写真儀飯村隆彦天体観測ゆらぎ粒状斑点像等級

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android