コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーター Sītā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーター
Sītā

サンスクリット語で「うね」の意。言葉としては『リグ・ベーダ』以来現れ,豊作の女神として神格化され,『グリヒヤ・スートラ』ではインドラの妻ともされる。叙事詩『ラーマーヤナ』や後代の作品では,ウィデーハ国のジャナカ王の王女とされ,英雄ラーマの貞淑な妻とされるが,ジャナカ王が耕作しているときに「うね」から生れたと考えられている。『ラーマーヤナ』では,悪魔ラーバナに略奪されるなどの苦難を経て,ラーマに救われるが,身の潔白を疑われ,火中に飛込んで純潔を証明する。しかしラーマは国民の間になおも疑惑の声があるのを知り,彼女を捨去る。シーターは母なる大地にのまれてこの世を去る。残された2人の息子はバールミーキ仙の作った『ラーマーヤナ』を暗唱する。パールティビー,ブーミジャーなど,彼女の大地からの出生を示す呼称で呼ばれる言葉が多い。いずれも「地から生じた女神」の意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シーター【Sītā】

古代インドの大叙事詩《ラーマーヤナ》の主人公ラーマの妃でジャナカ王の娘。継母に遠ざけられたラーマとともに森に行くが,羅刹(らせつ)王ラーバナに横恋慕されて誘拐され,彼の首都ランカーに幽閉される。ラーマはハヌマットに率いられた猿の軍隊の援助によりラーバナを殺し,シーターを救出し,帰国して国王となるが,臣民の間に彼女の貞潔を疑う声があるのを知り,彼女を捨てる。彼女はラーマの息子(双生児)を産んでから,母なる大地に抱かれて大地の裂け目に消え去る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシーターの言及

【ジャナクプル】より

…ヒンドゥー教の聖地で,年に何度かの祭りにはインドからも多数の巡礼が訪れる。《ラーマーヤナ》の叙事詩中のラーマ王子の妃シーターの誕生の地,その父ジャナカ王の王城の地といわれ,沐浴のための池や井戸,ジャナキ寺院その他18世紀以降に建てられた寺が多い。近年,郡都として,商業,工業(タバコ,マッチなど),行政・教育施設などの面で発展しつつある。…

【ビシュヌ派】より

…後世有名なのは〈10化身〉説で,それによれば,ビシュヌはこの世に,魚,亀,野猪,人獅子,小人,パラシュラーマ,ラーマ,クリシュナ,ブッダ,カルキとして現れるという。なかでもラーマとその妃シーター,クリシュナとその妃ラーダーは,しばしば文芸の対象になり,広くインド全土で熱烈に崇拝されてきた。この派の存在は,前5~前4世紀以降の文献などによって確かめられるが,その教義がまとまった形をとったのは,叙事詩《マハーバーラタ》の一部に組み込まれている《バガバッドギーター》においてである。…

※「シーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シーターの関連キーワードRENESIS(サイド排気ポート方式ロータリエンジン)ダットサンフェアレディ SP310型ニッサン シルビアCSP311型モリッサ フェンレイヒンドゥー教の神々アダムズブリッジトゥルシーダースナン・スベックチュイ・チャイラコーン・コルラーマーナンダホンダビートジャターユススポーツカートヨタMR2seaterシータープルジャナクプルパナメーラインド哲学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーターの関連情報