コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーハン症候群 シーハンショウコウグン

2件 の用語解説(シーハン症候群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シーハン‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【シーハン症候群】

Sheehan syndromeSheehan's disease》出産時の大量出血によって下垂体前葉に虚血性壊死(梗塞)が生じ、下垂体の機能が低下する疾患。産後に乳汁分泌不全無月経などの症状がみられ、加齢とともに倦怠(けんたい)感・低血糖低血圧などの症状が顕著になる。下垂体梗塞シーハン病

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

しーはんしょうこうぐん【シーハン症候群】

 分娩(ぶんべん)の際の大出血やショックによっておこった下垂体(かすいたい)の変性・壊死(えし)が原因の下垂体機能不全症を、シーハン症候群といいます。
 症状としては、分娩の後に乳房の萎縮(いしゅく)や乳汁(にゅうじゅう)の分泌停止がみられ、その後、産褥期(さんじょくき)を過ぎても月経の再来がなく、無月経の状態になることがあります。また恥毛(ちもう)、わき毛、まゆ毛などの脱毛がみられます。そのほか、甲状腺(こうじょうせん)機能の低下、副腎(ふくじん)機能の低下などがおこります。
 治療には、エストロゲン剤、甲状腺ホルモン剤副腎皮質ホルモン薬などのホルモン補充療法が行なわれます。妊娠を望む場合には、ゴナドトロピン療法が行なわれます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

シーハン症候群の関連キーワード経腟分娩分娩分娩予定日自宅分娩分娩損傷誘発分娩外傷性ショック正常分娩分娩台子宮内反(症)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone