コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーラー Sheeler, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーラー
Sheeler, Charles

[生]1883.7.16. フィラデルフィア
[没]1965.5.7. ニューヨーク
アメリカの画家,写真家。ペンシルバニア美術学校に学ぶ。何度か渡欧し,キュビスムをはじめとするモダン・アート運動に影響された。 1913年ニューヨークのアーモリー・ショーに油彩画6点を出品。アメリカ近代絵画における「精密主義」の推進者の一人で,建造物を精密に描く作品で知られる。写真家としても著名で建物,都市を多く扱う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

シーラー【sealer】

下塗り用塗料。コンクリートや木材など、吸収性の良い被塗物(塗装を施す素材)が仕上げ塗料を吸いこまないようにするほか、被塗物や古い塗装の劣化・ひび割れなどを補修し、仕上げ塗料との密着を良くするためにも用いる。アクリル溶剤やウレタン溶剤など、被塗物の素材や状態、使用する場所などにより、さまざまな種類がある。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーラー
しーらー
Charles Sheeler
(1883―1965)

アメリカの画家、写真家。フィラデルフィア生まれ。初めアメリカ印象派の感化を受けたが、アーモリー・ショーにはセザンヌの影響を思わせる作品を出品。その前後から建築写真にも手を染める。1920年代から広大な都市空間や工場施設を描き始め、オキーフやデミュスとも共通する鋭いエッジでとらえた風景画を展開した。キュビスムに基づく明晰(めいせき)で無機的な冷たいイメージから、プレシジョニスト(精密派)とかイマキュリスト(純潔派)などとよばれたが、晩年になっても明度の高い抽象イメージを描き続けた。[桑原住雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シーラーの関連情報