コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジアジン ジアジン diazine

2件 の用語解説(ジアジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジアジン
ジアジン
diazine

ダイアジンともいう。窒素2原子を環に含む六員環化合物。 C4H4N2 で表わされる。 1,2- ,1,3- ,1,4- の3つの異性体があり,1,3- ジアジンはピリミジン呼ばれることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジアジン
じあじん
diazine

複素環式化合物の一つ。ジアザベンゼンともいう。ベンゼンの2個の炭素原子を窒素原子に置換した化合物。その位置により3種の異性体がある。
(1)1,2-ジアジン(ピリダジン) ピリジンに似た臭(にお)いをもった液体。マレインジアルデヒドとヒドラジンを縮合させて合成する。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルに溶けやすい。
(2)1,3-ジアジン(ピリミジン) 強い刺激臭をもつ。塩素置換体を還元することにより得られる。水、エタノール、エーテルによく溶ける。誘導体はピリミジン塩基と総称され、核酸の成分として重要な働きをしている(シトシン、ウラシル、チミンなど)。
(3)1,4-ジアジン(ピラジン) 強いピリジンに似た臭いをもった固体。ナトリウムとエタノールで還元すると、ピペラジン(ヘキサヒドロピラジン)になる。冷時で過マンガン酸カリウム溶液を脱色する。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジアジンの関連キーワードダイアジンテトラジントリアジンピラジンピリミジン複素環式化合物スルファダイアジン窒素サイクルピリダジンポリ酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone