コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェルジンスキー

4件 の用語解説(ジェルジンスキーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジェルジンスキー

ロシア・ソ連邦の政治家。ポーランド生れ。若い頃から革命運動に関わり,1906年ポーランド・リトアニア統一社会民主党代表としてロシア社会民主労働党中央委員。ロシア十月革命に参加し,1917年以降,反革命運動やサボタージュを取り締まるために設けられたチェーカーの議長を生涯つとめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジェルジンスキー【Feliks Edmundovich Dzerzhinskii】

1877‐1926
ロシア・ソ連邦の政治家。KGB(国家保安委員会)の前身にあたるチェーカー(反革命・サボタージュ取締り全ロシア非常委員会)の初代議長。ポーランドのシュラフタ(貴族)の家庭に生まれ,中学時代の1895年から労働運動に参加した。以後1917年の二月革命まで地下活動を続け,逮捕,投獄,流刑・徒刑,脱走を繰り返した。この間,ポーランド・リトアニア統一社会民主党を指導,1906年には同党代表としてロシア社会民主労働党中央委員となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェルジンスキー

ゼルジンスキー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェルジンスキー
じぇるじんすきー
Феликс Эдмундович Дзержинский Feliks Edmundovich Dzerzhinskiy
(1877―1926)

ロシアの革命家。リトアニアの没落ポーランド人地主の子。1895年から革命運動に入り、のちポーランド王国リトアニア社会民主党の結成にした。1906年同党の代表としてロシア社会民主労働党中央委員会に加わり、レーニンの信頼を得た。その間、再三逮捕、投獄を経験。十月革命期はペトログラード(サンクト・ペテルブルグ)の軍事革命委員会メンバーとして活動、蜂起(ほうき)を組織した。革命後、ロシア非常委員会(チェカー)初代議長となり、「赤色テロ」を組織し、数多くの「陰謀」の摘発を指導するなど共産党の支配体制強化に尽力。22年ゲー・ペー・ウーに改組後も生涯長官を務めた。[原 暉之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェルジンスキーの関連情報