コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェームズ湾 ジェームズわん James Bay

3件 の用語解説(ジェームズ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェームズ湾
ジェームズわん
James Bay

カナダ,ハドソン湾南部の小湾。ケベック州オンタリオ州の州境にある。 1610年イギリスの航海士ヘンリーハドソンが到達,31年この湾内に入った T.ジェームズ船長の名前で呼ばれるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジェームズわん【ジェームズ湾 James Bay】

カナダ,ハドソン湾内南東部の湾入。湾名は,1631,33年にこの地方を探検したイギリス人ジェームズThomas Jamesにちなむ。南北450km,東西250km。冬は結氷する。西岸はオンタリオ州,東岸はケベック州に属するが,湾内のアキミスキ島などはノースウェスト・テリトリーズに属する。湾岸は人口希薄で,フォートジョージ,ムースニー,レークリバーなどの交易所があるのみ。【正井 泰夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェームズ湾
じぇーむずわん
James Bay

カナダ、オンタリオ州とケベック州の境にあるハドソン湾の支湾。ハドソン湾より南に400キロメートルほど入り込んでいる。東西約220キロメートル。冬季は氷に覆われる。湾内にはアキミスキ島をはじめいくつかの小島がある。湾西側はハドソン湾低地、東側と南側は低地からすぐに花崗(かこう)岩、片麻(へんま)岩からなる緩やかな起伏のカナダ楯状地(たてじょうち)に移る。湾岸は針葉樹林帯からツンドラ地域に移る漸移帯にあたる。湾南岸のムースニーに鉄道が通じる。1610年ヘンリー・ハドソンが発見し、31年に探検したイギリスのジェームズ・トーマスにちなみ名づけられた。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェームズ湾の関連キーワードハドソンハドソン川ハドソン湾ハドソン湾会社ラブラドルハドソン課金ハドソン料金ハドソンの法則ネルソン[川]ルパーツ・ランド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone