コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオノ ジオノGiono, Jean

3件 の用語解説(ジオノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジオノ
ジオノ
Giono, Jean

[生]1895.3.30. マノスク
[没]1970.10.8. マノスク
フランスの小説家。第1次世界大戦に参加,機械文明への嫌悪を強め,南フランス,オートプロバンスを舞台に自然への復帰を訴えた田園小説を書いた。『ボーミューニュの男』 Un de Baumugnes (1929) ,『世界の歌』 Le Chant du monde (34) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジオノ
じおの
Jean Giono
(1895―1970)

フランスの小説家。南フランス、マノスクの貧しい家庭に育つ。1929年『丘』Collineによって文壇に登場して、あわせて三部作をなす『ボーミューニュの男』(1929)、『二番草』(1930)をはじめ続々と作品を発表。南フランスの自然と一体になった人々の厳しくもまた激しい生活を叙情的な文体で描き出す大地の作家として地歩を得た。ほかに『世界の歌』Le Chant du monde(1934)、『わが喜びの永遠に』Que ma joie demeure(1935)、『山中の戦い』(1937)などがある。しかし、『服従拒否』(1937)にみられる平和主義から、1939年、第二次世界大戦での動員令に応ぜず投獄され、戦後は対独協力容認者としてふたたび投獄されるなど不運が続いたが、執筆は続けられ、『屋根の上の軽騎兵』Le Hussard sur le toit(1951)によって、かつての叙情の奔出にかわる小説的構築と人間表情の精緻(せいち)さにみごとな達成を示して再度注目を集めた。生涯そこに生き続けた南フランスの大地とその作品は深く結び付いているが、単なる地方主義にとどまらず、大地に根ざし、これと闘いながらこれを愛する人々を共感をもって描き、宇宙との合一をうたう独自の文明論が、そこには込められている。ほかに『イタリア紀行』(1953)、『スューズのいちはつ』L'Iris de Suze(1970)、死後刊行された遺作『脱走兵』Le Dserteur(1973)などがある。[小林 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジオノの関連キーワード深刻小説日清戦争観念小説文芸倶楽部閔妃暗殺事件金弘集ブラウンスアダメロ岩博文館バレーラ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジオノの関連情報