コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジオラマ 〈フランス〉diorama

大辞林 第三版の解説

ジオラマ【diorama】

明治中期に流行した見世物の一。遠近法を用いた長大な背景の前に小道具を配し、照明を施したものを窓からのぞき見るもの。実際の光景を見ているような感じを楽しむ。幻視画。ディオラマ。
撮影や展示などに用いる立体模型。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジオラマ
じおらま
diorama

(1)一部半透明の画面の両面に絵を描き、表裏から交互にさまざまな光線を投射して映像を変化させる装置。近代写真術の先駆者であるフランス人画家ダゲールとブートンが考案、1822年にパリでジオラマ館を開場して人気を集めたが、のち映画の興隆により衰退、現在はほとんどみられない。
(2)背景画の前に人物や動物などの立体模型を置き、照明を当てて、現実の光景のようにみせかける装置、見せ物。わが国では1889年(明治22)東京・浅草にヂオラマ館が開設されて評判となった。今日でも博物館の展示用に使われるが、パノラマより部分的である。[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

ジオラマ

(1)遠景の絵を描いた平面を背景に配し,その手前に建造物や人物などの模型を置き,情景を三次元的に表現した立体模型.地形を立体的に表現した地形模型は三次元地図資料としてよく知られているが,博物館で見られるような実物大のジオラマもある.(2)上記(1)の立体模型に光をあてて窓からのぞき,実際の光景のように見えるようにした装置,また,そうした見世物.背景には遠近法による風景画などが描かれる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内のジオラマの言及

【ダゲール】より

…フランスのコルメイユに生まれ,風景画家として名声を博した。生来発明精神旺盛で絵画を色光で照明するジオラマを考案し,1822年パリに興行館を開設して大成功を収めた。一方,ジオラマの絵を描くのに使うカメラ・オブスキュラの焦点ガラスに写る像を感光物質でとらえて記録することを研究し,ついに銀板写真(ダゲレオタイプ)を完成して,39年1月,研究成果をフランス議会に報告した。…

※「ジオラマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジオラマの関連キーワードONE PIECE LOGBOX阿波海南文化村 海陽町立博物館今治市大西藤山歴史資料館香川県埋蔵文化財センターマウイオーシャンセンター天草四郎メモリアルホール大洗町幕末と明治の博物館石川県立尾小屋鉱山資料館伊勢安と川越市立博物館関ケ原町歴史民俗資料館いわき市石炭・化石館大川筋武家屋敷資料館人吉鉄道ミュージアムアメリカ自然史博物館ジョン万次郎資料館兵庫県立歴史博物館北海道海鳥センター宮古島市総合博物館アクシャルダム寺院石城の里三国志城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジオラマの関連情報