コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジメチルアニリン dimethylaniline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジメチルアニリン
dimethylaniline

アニリンとメチルアルコールからつくられる。沸点 194℃。水に不溶,アルコール,エーテルによく溶ける。溶媒染料などの有機合成原料,分析試薬に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジメチルアニリン
じめちるあにりん
dimethylaniline

芳香族アミンの一つ。正しくはN,N-ジメチルアニリンという。アニリンに似たにおいのある無色の液体。アニリンにハロゲン化メチルを作用させるか、アニリンをメタノール(メチルアルコール)および硫酸と加圧下で加熱すると得られる。水には不溶、エタノール(エチルアルコール)、エーテルにはよく溶ける。ジメチルアミノ基(CH3)2N-はベンゼン環を活性化する力が大きく、ジメチルアニリンは亜硝酸を作用させるとp(パラ)-ニトロソ誘導体を生じる。メチルバイオレット、マラカイトグリーンなどの染料の原料として用いられる。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジメチルアニリンの関連キーワードジメチルアニリン(データノート)不飽和ポリエステル樹脂塗料クリスタルバイオレットメチレンブルージメチルアミンニトロソアミンメチルオレンジミヒラーケトンカップリングニトロソ化オルト効果オーラミンヨウ素化テトリル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android