コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジメチルアニリン ジメチルアニリンdimethylaniline

2件 の用語解説(ジメチルアニリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジメチルアニリン
dimethylaniline

アニリンとメチルアルコールからつくられる。沸点 194℃。水に不溶,アルコールエーテルによく溶ける。溶媒,染料などの有機合成原料,分析試薬に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジメチルアニリン
じめちるあにりん
dimethylaniline

芳香族アミンの一つ。正しくはN,N-ジメチルアニリンという。アニリンに似たにおいのある無色の液体。アニリンにハロゲン化メチルを作用させるか、アニリンをメタノール(メチルアルコール)および硫酸と加圧下で加熱すると得られる。水には不溶、エタノール(エチルアルコール)、エーテルにはよく溶ける。ジメチルアミノ基(CH3)2N-はベンゼン環を活性化する力が大きく、ジメチルアニリンは亜硝酸を作用させるとp(パラ)-ニトロソ誘導体を生じる。メチルバイオレット、マラカイトグリーンなどの染料の原料として用いられる。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone