コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャウンプル Jaunpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャウンプル
Jaunpur

インド北部,ウッタルプラデーシュ州東部の町。ジャウンプル県の行政庁所在地。ワーラーナシ北西約 58km,ゴマティ川に面する。町はゴマティ川のたび重なる氾濫によって壊滅したが,1359~64年のフィローズ・シャー時代に再興され,94年から 1479年までイスラム王国のシャルキー朝の首都。 1559年にアクバルに征服され,1775年にイギリス支配下に入った。当時のモスクが残る。周辺はよく灌漑された耕地で,米,トウモロコシオオムギサトウキビが栽培される。鉄道と道路の要地で,香水製造と農産物の集散が行われる。ゴラクプル大学のカレッジが多数所在。人口 13万 6287 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャウンプルの関連キーワードインド・イスラム美術ジャウンプル王国インド建築

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android