コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコウウシ ジャコウウシ Ovibos moschatus; musk-ox

3件 の用語解説(ジャコウウシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコウウシ
ジャコウウシ
Ovibos moschatus; musk-ox

偶蹄目ウシ科。体長 2m,体高 1.4m内外。雄は雌よりやや大きい。角は頭部側方から下方に曲り,先端はカーブして上方に発達する。体は暗褐色の長い毛でおおわれ,その下に密生した柔らかい綿毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジャコウウシ

偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳(ほにゅう)類。体高1.4mほど。外形はウシ類に似るが,系統的にはカモシカなどに近い。毛は暗褐色で長さ60cmに達する。カナダ北部,アラスカグリーンランド北東部のツンドラに群生し,草食。
→関連項目メルビル[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャコウウシ
じゃこううし / 麝香牛
musk-ox
[学]Ovibos moschatus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。アラスカ、カナダ北部、グリーンランドのツンドラ地帯に生息する。1924年以来、生息数の減少に対する保護策としてグリーンランドから北極圏の島々に移され、現在は生息範囲を広げている。体形は一見ウシに似て、肩に隆起があり四肢と耳も短い。頭胴長1.8~2.6メートル、肩高1.1~1.5メートル、体重200~410キログラム。雌は雄よりやや小さい。角(つの)は雌雄ともにあり、基部が太く、左右の角は額で合一し、始め頭の側下方に、のち前上方に曲がる。長い角で73センチメートルの記録がある。吻(ふん)は有毛で、ひづめは幅広い。このひづめは雪中の行動を巧みに支え、さらに雪をかいて植物を探すのに適している。体色は頭、頸(くび)、胴では黒褐色で、背の中央部はやや黄白色、足は白い。ときに顔にも白斑(はくはん)がある。被毛は下毛が5~7センチメートルの羊毛状で、この上にひづめまで垂れる長毛が生え、防寒用マントの役をする。雄は交尾期になると顔にじゃ香臭を発する臭腺(しゅうせん)が発達する。普通10~30頭の群れで生活するが、19世紀までは100頭以上の群れもみられた。オオカミなどに攻撃されると、子を中央に入れ、その外側を成獣が角を外に向けて円陣を組み防御する。いたって粗食で、草や地衣類、ユキヤナギの芽や枝などあらゆる植物を食べ、冬季はひづめで雪の下から植物を掘り出して食べる。2年に一度の交尾期は7~9月で、1産1子、ときに2子を翌年5月に産む。子は、生まれるころ気温が零下29℃に達するため長い毛を備え、肩高約45センチメートル。生後1、2時間で歩く。本種の外形はウシに似るが、系統的にはカモシカやターキンに近縁で、珍獣なのと数が激減したため厳重に保護されている。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャコウウシの関連キーワードコビトカバ水牛哺乳期豆鹿羚羊氈鹿山羊ウシ(牛)ヤギュウ(野牛)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャコウウシの関連情報