コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャバルプル Jabalpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャバルプル
Jabalpur

インド中部,マディヤプラデーシュ州中部の都市。ビンディア山脈南側盆地内の標高 402mに位置し,周辺は小高い丘陵。ガラー地区は,14世紀にゴンド王国の主要都市として栄えた。イギリス領時代にナルマダ地区の行政中心地となってから工業都市として発展。山地で鉄鉱石マンガン,銅,鉛などが開発され,特に軍需機械工業が盛んで,一般機械やガラス製造も行われる。そのほか搾油,製粉,製材,たばこ,織物などの工場も多い。州高等裁判所,多数のカレッジをもつジャバルプル大学などがある。周辺には仏教,ヒンドゥー教ジャイナ教などの遺跡が多い。人口 73万 9961 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャバルプル(Jabalpur)

インド中央部、マディヤプラデシュ州の都市。ナルマダ川上流沿いに位置する。英国東インド会社軍の駐屯地が置かれ、商工業が発達。セメント、兵器、陶器などを産する。南西郊のベラガートには川の両岸に大理石が露出した崖があり、景勝地として知られる。ジャバルプール。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャバルプル

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州中部の都市。南西約20km,ナルマダー川河岸のベラ・ガートに高さ34mの石灰岩の奇崖があり,観光の名所。鉄道要地で,商工業の中心。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャバルプル【Jabalpur】

インド中部,マディヤ・プラデーシュ州の中央にある同名県の県都。人口74万2000(1991)。ナルマダー川の上流,アラーハーバードボンベイを結ぶ交通の要衝に位置する。19世紀初頭以降,東インド会社軍の駐屯地が置かれ,商工業も発達した。セメント,兵器,繊維,じゅうたん,陶器などを生産する。南西20kmのベラ・ガートBhera Ghātには,大理石の岩盤が露出しており,その美しさで観光客を引きつけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャバルプル
じゃばるぷる
Jabalpur

インド中部、マディヤ・プラデシュ州中部の工業都市。ナルマダ川が流路を北西から西に変える地点に位置する。人口95万1469、周辺部を含む人口111万7200(2001)。兵器、セメント、鉄鋼、陶器、ガラス、繊維、製粉などの工業が盛ん。石灰岩やボーキサイト、陶土などの鉱物資源を産し、農作物ではおもに小麦、豆類、サトウキビ、米、採油用種子などが栽培される。年平均気温は26.5℃で、年降水量の9割が雨期の6~9月に降る。[福岡義隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジャバルプルの関連キーワードナルマダー[川]バーラーガートナルシマプルカラチュリ朝ラーンダ語マンドラボパールパンナレワ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android