コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャパンタイムズ ジャパンタイムズ The Japan Times

3件 の用語解説(ジャパンタイムズの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジャパン‐タイムズ(The Japan Times)

日本の代表的な日刊英字新聞。日本の政治的立場や実情を海外に伝えることを目的として明治30年(1897)山田季治らが創刊。昭和18年(1943)「ニッポンタイムズ」と改称したが、同31年に原紙名に復帰。
幕末から明治初期にかけての週刊英字新聞。慶応元年(1865)ごろ、横浜で英国人リッカビーが創刊。明治11年(1878)廃刊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャパンタイムズ
じゃぱんたいむず
The Japan Times

日本人の手によって1897年(明治30)3月22日創刊された、日本最古の日刊英字新聞(朝刊)。1918年(大正7)『ジャパンタイムズアンドメール』、1940年(昭和15)『ジャパンタイムズ・アンド・アドバタイザー』と改題。さらに第二次世界大戦中、軍部の排外主義の圧迫により1943年1月1日『ニッポンタイムス』と改称したが、戦後、1956年(昭和31)7月1日に現題号に復した。同紙を発行するジヤパンタイムズ(東京)は1996年(平成8)、工業用ファスナーなどのエンジニアリングプラスティック製品を製造するニフコの傘下に入った。近年発行部数の落ち込みが激しく、1990年代に6万部以上あった部数は、2010年(平成22)には約2万8000部となった。2013年3月、ニューヨーク・タイムズ社と業務提携し、同社発行の『インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ』の紙面とセットにした2部構成の新聞にリニューアル、同年10月より発行を開始した。発行部数は約4万5000部(2013)。[高須正郎・伊藤高史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャパンタイムズの関連キーワード赤鼠ジャパンクロニクル日本三急流コリエーレデラセーラニューヨークタイムズ日本三名園新潮社[株]英字新聞ジャパン・タイムズ邦字新聞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャパンタイムズの関連情報