コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場恒吾 ばばつねご

6件 の用語解説(馬場恒吾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬場恒吾
ばばつねご

[生]1875.7.13. 岡山
[没]1956.4.5. 東京
明治・大正・昭和期の政治評論家。同志社神学校(→同志社大学)と東京専門学校(→早稲田大学)英語政治科を中退。1900年ジャパン・タイムズ社(→ジャパン・タイムズ)に入社し,1909年ニューヨークに渡って『オリエンタルレビュー』The Oriental Review編集長に就任,アメリカ合衆国での親日気運促進に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばば‐つねご【馬場恒吾】

[1875~1956]ジャーナリスト。岡山の生まれ。「ジャパンタイムズ」「国民新聞」の編集長を歴任。自由主義擁護の論陣を張り、無産政党の結成にも尽力。第二次大戦後、読売新聞社社長。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場恒吾 ばば-つねご

1875-1956 明治-昭和時代の新聞経営者,政治評論家。
明治8年7月13日生まれ。「ジャパン-タイムズ」記者をへて国民新聞社の政治部長,編集局長などをつとめる。大正13年退社し,評論活動にはいった。昭和20年読売新聞社長,24年日本新聞協会会長。昭和31年4月5日死去。80歳。岡山県出身。東京専門学校(現早大)中退。著作に「現代人物評論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ばばつねご【馬場恒吾】

1875‐1956(明治8‐昭和31)
ジャーナリスト。岡山県生れ。東京専門学校(現,早大)中退。《ジャパン・タイムズ》記者となる。1909年渡米,ニューヨークで同社社長頭本元貞らが企画した英文雑誌《オリエンタル・レビュー》を編集したが,13年帰国,《ジャパン・タイムズ》編集長。14年《国民新聞》入社,外報部長,政治部長,編集局長を歴任。24年退社,社会大衆党顧問となる。またリベラルなジャーナリストとして政治・人物評論などに筆をふるったが,第2次大戦中は政府によって執筆を禁じられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばばつねご【馬場恒吾】

1875~1956) 政治評論家。岡山県生まれ。ジャパン-タイムズ・国民新聞などで自由主義擁護の論陣を張る。のち読売新聞社社長。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬場恒吾
ばばつねご
(1875―1956)

ジャーナリスト。明治8年7月13日岡山県に生まれる。同志社、東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)中退後、『ジャパンタイムズ』紙に入社。1909年(明治42)渡米、ニューヨークで英文雑誌『オリエンタル・レビュー』の編集に携わった。1913年(大正2)帰国、『ジャパンタイムズ』に復帰したが、翌1914年『国民新聞』に移り、政治部長、編集局長を歴任、1924年退社し、以後、評論活動に入るとともに、普選運動、無産政党の結成に力を尽くした。戦時中、自由主義的言論人として執筆禁止の厄にあった。1945年(昭和20)12月、読売新聞社社長正力松太郎(しょうりきまつたろう)が戦犯容疑で勾引(こういん)されたのち、同社社長に迎えられ、1951年1月まで社長を務めた。この間、第二次読売争議を切り抜け、日本新聞協会会長も務め、第1回新聞文化賞を受けた。昭和31年4月5日死去。著書には『現代人物評論』『近衛内閣史論(このえないかくしろん)』『回顧と希望』『自伝点描』などがある。[高須正郎]
『『回顧と希望』(1948・読売新聞社) ▽『自伝点描』(1952・東西文明社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬場恒吾の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリスト東京専門学校フォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト日本ジャーナリスト会議

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬場恒吾の関連情報