ジャン2世(読み)ジャンにせい(英語表記)Jean II, le Bon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャン2世
ジャンにせい
Jean II, le Bon

[生]1319.4.16. ルマン
[没]1364.4.8. ロンドン
フランス王 (在位 1350~64) 。「善良王」とも呼ばれる。フィリップ6世の子。百年戦争の混乱のなかで即位。治世前半期は王位をねらうナバール (ナバラ) 王シャルル2世に苦しめられ,王室財政は困窮の極に達した。ポアティエの戦いイングランド軍に捕えられてロンドンに送られ (56) ,不在中皇太子シャルル (のちのシャルル5世) が摂政となったが É.マルセルの乱やジャックリーの乱が起り王国はさらに混乱した。イングランドとのブレティニーの和約 (60) の結果,一時身柄を解放されたが条項の賠償金が用意できないため再びイングランドに渡り,捕囚の身のまま客死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジャン2世

生年月日:1319年4月16日
フランス王(在位1350〜64)
1364年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android