コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャックリーの乱 ジャックリーのらんJacquerie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャックリーの乱
ジャックリーのらん
Jacquerie

1358年5月フランス北東部に起こった農民反乱。当時の貴族の間に農夫をジャックと蔑称する習慣があったことから,この名がついたという。黒死病百年戦争の戦火で疲弊していた農村に,ポアティエの戦いに敗れて流亡した傭兵隊が略奪行為を働いたことが直接のきっかけとなった。まずボーベー地方に反領主の農民暴動が生じ,ピカルディなどの北フランス諸地方に急速に拡大した。指導者ギョーム・カールは都市住民との提携をはかったが,エティエンヌ・マルセル指揮下のパリを唯一の例外として,コンピエーニュ,サンリス,アミアンなどいずれも農民への支持を拒んだ。その結果,ナバール (ナバラ) 王シャルル (邪悪王) の軍隊によって流血のうちに鎮圧された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャックリーの乱【ジャックリーのらん】

百年戦争中の1358年,ピカルディーを中心にフランス北部に広がった農民の反乱。名称はジャクJacques(農民の蔑称)に由来。百年戦争初期の敗戦によって発生した野盗的傭兵(ようへい)の略奪行為や領主の圧政が原因とされる。
→関連項目農民一揆

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャックリーのらん【ジャックリーの乱 La Jacquerie】

1358年,北フランスのイル・ド・フランス地方に発生した農民一揆。ジャックjacquesとは貴族が農民を指した言葉で,中世農民が短く貧しい胴衣jaquesを着ていたことに由来する。百年戦争前期の決戦であるポアティエの戦(1356)のころから,当地方には戦闘を交えるフランスとイギリスの騎士たちに加えて大野盗団が横行し略奪行為をおこなった。しかも経済不況で穀物価格は低迷し,穀作地帯である北フランス農村に深刻な打撃をあたえた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジャックリーのらん【ジャックリーの乱】

1358年、百年戦争による荒廃や重税を契機として、北フランスに起きた農民反乱。ジャックリーは農民の蔑称に由来。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のジャックリーの乱の言及

【農民反乱】より

… 第2には,個別領主に対する要求の域を越え,国家の租税や軍隊の徴発などに反対する一揆であり,農民反乱の名で呼ばれるような大規模な蜂起には,この型のものが多い。ジャックリーの乱(1358)やワット・タイラーの乱(1381)も,その背景には領主と農民の基本的対抗関係があるものの,直接のきっかけとなったのは,百年戦争に対処するためのイギリス,フランス両王の租税増徴策であった。近世の絶対王政期には,この傾向はいっそう強まり,17世紀のフランスに頻発した民衆蜂起はその多くが反王税一揆であった。…

※「ジャックリーの乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャックリーの乱の関連キーワードシャルル(邪悪王)農民反乱[西洋]シャルル[5世]シャルル5世ジャン2世契機重税荒廃