コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウシマツ ジュウシマツ Lonchura striata domestica; Bengalese finch; society finch

2件 の用語解説(ジュウシマツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュウシマツ
ジュウシマツ
Lonchura striata domestica; Bengalese finch; society finch

スズメ目カエデチョウ科。全長 10cm。家禽化された最も大衆的な飼鳥の一つで,野生種としては存在しない。起源についてはいくつかの説があったが,遺伝子の研究から,インド,中国,東南アジアにかけて広く分布するコシジロキンパラ L.striata が原種とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウシマツ
じゅうしまつ / 十姉妹
bengalee
[学]Lonchura striata var. domestica

鳥綱スズメ目カエデチョウ科の鳥。古く中国方面から輸入され日本で改良された品種である。原種は明らかでないが、インド、東南アジアに広く分布しているコシジロキンパラであるとされている。またこのコシジロキンパラに、インド、ヒマラヤ一帯に分布するギンバシL. malabaricaを交配したものがジュウシマツの原型になったともいわれる。全長約13センチメートル。一般に鳥は人為的に飼育されると羽色が変化しやすく、繁殖容易なものほど変化が速い。ジュウシマツは日本には江戸時代に中国から輸入され、年を経るにつれて羽色の変化が目だち、褐色系が現れた。その後、羽色は暗褐色を主色とするが実にさまざまの品種が作出され、飼鳥家の間ではそれぞれに名がつけられている。普通の品種は暗褐色と白との雑色で、ナミジュウシマツ(並十姉妹)とよぶ。褐色系の羽色にはチャジュウシ、クロジュウシ、ショウジョウジュウシなどがある。全身白色のものは昭和初年に固定されてシロジュウシ(白十姉)、その背面に褐色小斑(しょうはん)のあるものをコブチ(小斑)、頭上の羽毛が巻き羽になっているのをボンテンジュウシ(梵天十姉)、巻き羽が胸にあるのをチヨダなどという。また巻き羽の生ずる位置によってダイナゴン、チュウナゴンなどと名づけられ、巻き羽のあるものを総称して芸ものジュウシマツとよぶなどがその一例で、実に多彩である。おとなしい鳥で、群居させても仲がよいので十姉妹とよばれ、飼育も容易である。一般には庭箱に壺(つぼ)巣を入れて飼う。餌(えさ)はヒエ、アワ、キビを混ぜた撒き餌(まきえ)のほか、青菜、ボレイ(牡蠣)粉、水などを与える。また、ジュウシマツは抱卵、育雛(いくすう)にも長じているので、種々の飼い鳥の母鳥として重宝がられている。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュウシマツの関連キーワード楓鳥胡錦鳥青紅鳥紅雀カエデチョウ(楓鳥)キンセイチョウ(錦静鳥)コキンチョウ(胡錦鳥)ハタオリドリ(機織鳥)ヒワ(鶸)カエデチョウ科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュウシマツの関連情報