ジョーンズ法(読み)ジョーンズほう

世界大百科事典 第2版の解説

ジョーンズほう【ジョーンズ法】

1916年8月29日にアメリカ議会を通過したフィリピン自治法。一般には提案者ジョーンズWilliam A.Jones議員の名前をとってジョーンズ法で知られている。この前文のなかでアメリカは初めて公式に将来のフィリピン独立を約束した。最も重要な点は,立法権がフィリピン人に与えられたことであり,この結果,フィリピン人から成る上院・下院が設置された。だが,行政権はいぜんとしてアメリカ人総督が保持し,総督はフィリピン議会を通過した法律に対し拒否権を保持した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョーンズ法
じょーんずほう

アメリカ・スペイン戦争で獲得した植民地の地位に関する法律。アメリカ合衆国大統領ウィルソンの下で制定されたもので、二つある。一つは1916年の法であり、前文で「フィリピン群島で安定した政府が樹立されしだい、同群島に対する主権を撤回し、その独立を承認することは、合衆国国民の目的である」と述べ、本文で市民権の賦与、選挙権の拡充、議会の開設などを規定し、将来の独立に向かって一歩を進めた。他の一つは17年の法で、プエルト・リコ基本法であり、同島市民に合衆国市民権を与え、権利章典、労働者保護、選挙による議会などを規定したが、総督、検事総長、教育委員などの要職は合衆国大統領が任命するとあり、旧準州に近い地位であった。[高橋 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android