コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョーンズ法 ジョーンズほう

2件 の用語解説(ジョーンズ法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジョーンズほう【ジョーンズ法】

1916年8月29日にアメリカ議会を通過したフィリピン自治法。一般には提案者ジョーンズWilliam A.Jones議員の名前をとってジョーンズ法で知られている。この前文のなかでアメリカは初めて公式に将来のフィリピン独立を約束した。最も重要な点は,立法権がフィリピン人に与えられたことであり,この結果,フィリピン人から成る上院・下院が設置された。だが,行政権はいぜんとしてアメリカ人総督が保持し,総督はフィリピン議会を通過した法律に対し拒否権を保持した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョーンズ法
じょーんずほう

アメリカ・スペイン戦争で獲得した植民地の地位に関する法律。アメリカ合衆国大統領ウィルソンの下で制定されたもので、二つある。一つは1916年の法であり、前文で「フィリピン群島で安定した政府が樹立されしだい、同群島に対する主権を撤回し、その独立を承認することは、合衆国国民の目的である」と述べ、本文で市民権の賦与、選挙権の拡充、議会の開設などを規定し、将来の独立に向かって一歩を進めた。他の一つは17年の法で、プエルト・リコ基本法であり、同島市民に合衆国市民権を与え、権利章典、労働者保護、選挙による議会などを規定したが、総督、検事総長教育委員などの要職は合衆国大統領が任命するとあり、旧準州に近い地位であった。[高橋 章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョーンズ法の関連キーワードアメリカバイソンアメリカンリーグアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカン亜米利加アメリカ草あめりか物語坂西志保

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone