コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジリナ ジリナ Žilina

3件 の用語解説(ジリナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジリナ
ジリナ
Žilina

スロバキア北西部の都市。ドナウ川支流バーフ川にキスツァ川が合流する地点にある。バーフ水系での発電を利用して,毛織物合成繊維,製材,製紙,食品加工などの工業が盛ん。肥沃なバーフ河谷の農産物を集散する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジリナ

スロバキアの北西部の都市。ドイツ語ではジラインと呼ばれている。町は13世紀にスラブの交易地として建設され,今もアーケードのある市場や13世紀に建てられた教会など中世の建物が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジリナ
じりな
ilina

スロバキア北西部、ジリナ県の県庁所在地。人口8万5400(2001)。ヤボルニーキ丘陵と小ファトラ山脈に挟まれたジリナ盆地の北側、バーフ川、キスツァ川、ライチアンカ川の合流点に位置する。東西に走る幹線とライェツからチェコオストラバ方面に走る南北線が交わる。14世紀に自由都市として認められたが、15世紀にフス派教徒の攻撃にあって荒廃した。木材加工、繊維、化学、機械が主要な工業。市中心部のアーケードがある広場には、バロック様式イエズス会修道院と教会が立つ。交通大学がある。[木村英明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジリナの関連キーワードスロバキアプレショフモラバチェコスロバキア共産党トレンチーン城ドナウベンドスロバキアン・ハウンドブラティスラババーフ[川]ヤーノシーク

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジリナの関連情報