コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーン gene

翻訳|gene

デジタル大辞泉の解説

ジーン(gene)

遺伝子」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

ジーン【zine】

紙面ではなく、デジタル出版された雑誌のこと。一般的なものもあるが、中には風変わりなものもあり、想像できる限りのトピックが取り上げられている。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ジーン【gene】

遺伝子。ゲン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーン

遺伝子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーン
じーん
jean

日本では、複数のジーンズjeansとよぶことが多い。経緯(たてよこ)に20~40(綿)番手の細い糸を使い、2分の1の経綾(たてあや)に織り、綾目(あやめ)を左綾にした細綾(ほそあや)織物。素材にはもと木綿が多く使われていたが、最近では合繊・スフ、綿との混紡などもよく使われており、用途からみて実用的でよく洗濯に耐えるものが望まれる。スポーツウエア、作業服、衛生白衣、裏地、ポケット地、家具カバーなど、広い用途をもっている。
 なおブルー・ジーンというのは、青染めにした無地のジーンではなく、藍(あい)染め(現在では、化学染料によるものが普通となっているが)にした経糸、漂白した緯糸によるデニムdenimであり、もともとアメリカの作業服であったが、じょうぶで耐久性のあることから、現在では世界的に、若者たちの遊び着、日常着となっている。日本では、この生地で仕立てられたズボンを、ジーパンともいう。青に限らずさまざまな色彩のものがある。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジーンの関連キーワードザッツ・エンタテインメントPART 2ジェファーソン・ハワード サットンロバート・ストラットン クールソンザ・ロイヤル・テネンバウムズヤング・フランケンシュタインジーン・ウルフの記念日の本デス博士の島その他の物語フレンチ・コネクション2ジーンハーショルト友愛賞ジーンハーショルト人道賞ジーンハーショルト博愛賞ウーマン・イン・レッドフレンチ・コネクションチェンバー/凍った絆新しい太陽のウールスケルベロス第五の首タイタニックの最期ブレージングサドルモー シュナイダーイレイザーヘッド

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジーンの関連情報