コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェイト スウェイト Thwaite, Anthony Simon

2件 の用語解説(スウェイトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウェイト
スウェイト
Thwaite, Anthony Simon

[生]1930.6.23. チェスター
イギリスの詩人,批評家。オックスフォード大学卒業。詩集『木の中の梟』 The Owl in the Tree (1963) ,『新しい告白』 New Confessions (74) のほか,『現代英詩入門』 Contemporary English Poetry: An Introduction (59) ,和歌,俳句の翻訳 (64) ,詞華集の編纂 (70) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェイト
すうぇいと
Anthony Simon Thwaite
(1930― )

イギリスの詩人、批評家。オックスフォード大学卒業後、1955年から57年まで東京大学講師。帰国後、BBCプロデューサー、『リスナー』誌、『ニュー・ステーツマン』誌文芸編集者を経て、1973年から85年まで『エンカウンター』誌副主筆、のちアンドレ・ドイッチ社編集顧問を務めた。この間、リビアクウェートでも教鞭(きょうべん)をとる。明晰(めいせき)で犀利(さいり)な文体、温雅な感性と知性の均衡のとれた作風を特徴とする。『つつましい真実』(1957)など7冊の詩集は、『全詩集1953年――83年』(1984)にまとめられたが、なかでもブラウニングの劇的独白に影響を受けた『ビクトリア朝の声』(1980)は注目すべき作品である。また『東京からの手紙』(1987)の中では、夏目漱石(そうせき)、小泉八雲(やくも)に仮託した独白体を中心とする一連の詩を試み、日英二つの文化に身を置いた精神を解明している。ほかに『現代イギリス詩』(1957)など4冊の批評書がある。夫人アンAnn(1932― )は『エドマンド・ゴス伝』(1984)など評伝の作家として著名。[出淵 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウェイトの関連キーワードチェスターAアーサーコルチェスター城チェスター城GKチェスタートンチェスタの塔マンチェスターテリアウィンチェスター銃'73Dio チェスタロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団トイ・マンチェスター・テリア

スウェイトの関連情報