コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカンドラ自然保護区 スカンドラしぜんほごくScandola Natural Reserve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカンドラ自然保護区
スカンドラしぜんほごく
Scandola Natural Reserve

フランス,コルシカ島北西部,リグリア海に面するスカンドラ半島と周辺海域を含む自然保護区。断崖洞窟で形成される半島部には,マキの密生する林が広がり,ヨーロッパで危機的状況にあるハヤブサや,魚を主食とするミサゴなどをはじめ珍種の鳥が数多く生息する。また付近の海域はサンゴ礁が広がりカキ,カニ,ロブスターなど魚介類も豊富である。リアス海岸と断崖,洞窟で形成されている周辺のジロラッタ岬,ポルト岬とともに 1983年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スカンドラ‐しぜんほごく【スカンドラ自然保護区】

Réserve naturelle de Scandola》地中海西部のフランス領の島、コルシカ島の西部にあるスカンドラ半島および周辺海域を含む自然保護区。赤い花崗岩(かこうがん)の切り立った断崖が続き、荒々しい自然景観で知られる。マキーと呼ばれる同島固有の常緑灌木で覆われ、海鳥や猛禽(もうきん)が生息する。1983年、「ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ自然保護区を含むポルト湾」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android