コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリーブ スクリーブ Scribe, (Augustin) Eugène

3件 の用語解説(スクリーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクリーブ
スクリーブ
Scribe, (Augustin) Eugène

[生]1791.12.24. パリ
[没]1861.2.20. パリ
フランスの劇作家。 50年近い劇作生活で,ボードビルを中心にあらゆるジャンルの脚本を 400編以上残した。戯曲の構成術にすぐれ,観客の嗜好に敏感で,ウェル・メイド・プレイの祖といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スクリーブ

フランスの劇作家。喜劇,史劇からボードビルの台本まで約350編を書き,巧妙な筋の風俗劇として人気があった。作品に《政略結婚》《ベルトランとラトン》《女の争い》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクリーブ
すくりーぶ
Eugne Scribe
(1791―1861)

フランスの劇作家。いわゆる「よくできた芝居(ピエス・ビアン・フェット)」の創始者。主要活動期は「ロマン派劇時代」とほぼ重なるが、ロマン派の理論闘争をよそにもっぱらブルジョア階級の娯楽を目的とした多様なジャンルで350編の膨大な作品を残した。財産、栄達などブルジョア的理想を低俗なモラルで保証して楽しませ、パリ中の劇場を独占した。代表作は『金銭結婚』(1827)、『ベルトランとラトン』(1833)、『コップの水』(1840)など。[佐藤実枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクリーブの関連キーワードNこざっぱりすぱりパリアパリジェンヌパリダカ意地っぱりヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スクリーブの関連情報