コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スグキナ

3件 の用語解説(スグキナの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

スグキナ

 [Brassica nipposinica var. sugukina],[B. rapa var. neosuguki],[B. campestris (rapifera group)].フウチョウソウアブラナ科アブラナ属の二年草.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スグキナ

京都上賀茂地方原産のアブラナ科の野菜で,カブの一種。根は紡錘形で,葉は大きい。発生当時の原種は絶滅し,現在のスグキナは,カブ(聖護院)やナタネと原種が交雑し,固定したものといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スグキナ
すぐきな / 酢茎菜
[学]Brassica rapa L. var. neosuguki Kitam.

アブラナ科の二年草。カブの変種で、京都市の特産とされ、上賀茂(かみがも)を中心として栽培される。300年以上の歴史をもつ品種であるが、その来歴には諸説があり、現在のものはスグキナの昔のタイプのものが、カブの品種である聖護院(しょうごいん)カブと交雑してできたものであるともいわれる。ビワ葉形とキク葉形とがあり、根は短い倒円錐(えんすい)形で長さ17~20センチメートルとなる。8月下旬から9月上旬に種を播(ま)き、11月から12月にかけて収穫する。根と葉を漬物にしたものは、すぐき漬けとして知られる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スグキナの関連キーワードコールラビオオサカシロナサントウサイタカナトウナハクサイヒロシマナミズカケナ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone