コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スグキナ

栄養・生化学辞典の解説

スグキナ

 [Brassica nipposinica var. sugukina],[B. rapa var. neosuguki],[B. campestris (rapifera group)].フウチョウソウ目アブラナ科アブラナ属の二年草.食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スグキナ

京都上賀茂地方原産のアブラナ科の野菜で,カブの一種。根は紡錘形で,葉は大きい。発生当時の原種は絶滅し,現在のスグキナは,カブ(聖護院)やナタネと原種が交雑し,固定したものといわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スグキナ
すぐきな / 酢茎菜
[学]Brassica rapa L. var. neosuguki Kitam.

アブラナ科の二年草。カブの変種で、京都市の特産とされ、上賀茂(かみがも)を中心として栽培される。300年以上の歴史をもつ品種であるが、その来歴には諸説があり、現在のものはスグキナの昔のタイプのものが、カブの品種である聖護院(しょうごいん)カブと交雑してできたものであるともいわれる。ビワ葉形とキク葉形とがあり、根は短い倒円錐(えんすい)形で長さ17~20センチメートルとなる。8月下旬から9月上旬に種を播(ま)き、11月から12月にかけて収穫する。根と葉を漬物にしたものは、すぐき漬けとして知られる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スグキナの関連キーワードナタネ(菜種)北[区]北区酢茎酸茎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android