スタインバーグ(英語表記)Steinberg, Saul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタインバーグ
Steinberg, Saul

[生]1914.6.15. ルーマニア,ブザウ,ルミニクサラト
[没]1999.5.12. アメリカ,ニューヨーク,ニューヨーク
ルーマニア生れのアメリカの漫画家,挿絵画家。本名は Saul Jacobson。ブカレスト大学で文学と哲学を学んだあと,建築を学ぶためミラノにおもむき,1942年にアメリカに渡った。やがて雑誌『ニューヨーカー』のスタッフとなり,漫画家としての第一歩を踏出した。その後,アメリカ漫画界の寵児となり,広告,建築,抽象絵画などにも活動を広げるようになった。作品集には『ものみな線で』 (1945) ,『パスポート』 (54) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スタインバーグ

米国のイラストレーター。ルーマニア出身。1941年米国の雑誌《ニューヨーカー》に漫画を寄稿して認められ,翌年からニューヨークで活躍。現代の不条理な現実を軽妙な線画で表現し,ニューヨーク近代美術館などで個展を開いた。1958年にはブリュッセル万国博覧会の米国館の壁画を制作。作品集《生活術》《パスポート》《迷宮》など。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スタインバーグ【Saul Steinberg】

1914‐1999
アメリカのイラストレーター。ルーマニアのブカレスト近郊生れ。ブカレスト大学で社会学と心理学,ミラノ大学で建築を学び,1940年渡米。記号や映像に囲まれた現代の不条理で滑稽な現実を,軽妙鋭敏な線描で表現し,《ボーグ》《ニューヨーカー》などと契約した。第2次大戦中海軍に入り,復員後ルポルタージュ漫画集《ものみな線で》(1945)を刊行。46年ニューヨーク近代美術館,52年パリのマーグ画廊で個展を開き,その間に《生活術》(1949),《パスポート》(1954),《迷宮》(1959),《新世界》(1966)などの作品集を出し,近年は建築,映画タイトル,抽象絵画も手がけている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスタインバーグの言及

【ニューヨーカー】より

…都会的な洗練された雑誌といわれ,部数は約50万部(1980)とアメリカでは少ないが,短編,美術評,漫画などの部門がつねに高く評価されている。作家ではT.カポーティ,J.H.アップダイクがニューヨーカー派とみられ,漫画家ではソール・スタインバーグがこの週刊誌の出身。【常盤 新平】。…

※「スタインバーグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スタインバーグの関連情報